「Wホテル」45番目のホテルをスイスにオープン
期間:2013年12月4日から
[リスヴェル編集部]2013年12月13日公開

エリア:ヨーロッパ  > スイス / ジャンル:新規オープン・改装 , ホテル・宿泊施設 , 

「Wホテル ワールドワイド」は、グローバルブランドとして創業15年目の節目に、世界で45番目となるWホテルとして初のスキー場リトリート『Wヴィルビエ (W Verbier) 』を2013年12月4日にスイスにオープンした。

Wヴェルビエは、スイスのヴェルビエ地方メドラン地域の山腹に位置し、全123室を備え、リゾートスキー場のメインゴンドラへのアクセスが便利な立地に建つ。ホテルのすぐ隣には「ザ・レジデンス・アット・Wヴェルビエ」が併設されており、宿泊客やレジデンス利用者は、スキーやスノーボードの前後にWカフェ、Wリビングルーム、アウェイスパ、フィットネス、室内外のプールが完備された施設を利用できる。

また、現代的なタパス料理で有名なミシュラン2つ星シェフのセルジ・アローラ氏が手がけるレストラン「アローラ」のダイニングとバーには、スイスのテイストを取り入れた最新創作タパスや各種取り揃えたカクテルを楽しめる。

ラグジュアリーブランドへと急成長を遂げてきたWホテルは、従来型のホスピタリティの手法から、デザインやファッション、音楽というアプローチへと転換し革新を起こしてきた。そして今後5年で、ボゴタから北京、ムンバイからクアランプール、ドバイからジャカルタ、成都からパナマなど、世界の新興市場でのホテルの開業準備を進めている。

【お問い合わせ】