日本の免税手続き方法

step1日本の外国人向け消費税免税制度について

画像提供:©JTA/ ©JNTO
画像提供:©JTA/ ©JNTO

For foreign travelers, please refer to the following "Japan Tax-Free Shop" official website. https://tax-freeshop.jnto.go.jp/eng/index.php

消費税率:10%(2019年10月1日より消費税が8%から10%へ)
還付率 :10%(店舗により手数料がかかります)

免税対象者:非居住者の方
・日本に入国してから6ヶ月未満の外国人(日本で勤務する外国人含まれない)
・外国政府又は国際機関の公務を帯びる外国人
・日本国籍を保有しているが2年以上海外に居住している方(日本滞在期間が6ヶ月未満)
・買い物されたご本人(代理人不可)
・再入国の日付は不適用

(一般物品)
免税対象品:家電、装飾品、時計、衣類、靴、鞄、雑貨,時計、宝飾品、民芸品など
免税対象額:1日1店舗あたりの合計購入額が税別5,000円以上(梱包指定なし)
梱包指定:なし

(消耗品) 
免税対象品:食品、果物、飲料、医薬品、化粧品、たばこなど
免税対象額:1日1店舗あたりの合計購入額が税別5,000円以上50万円まで
梱包指定:国が定めた方法で梱包され、日本を出国するまで開封することはできません。日本国内で開封あるいは消費した場合は、消費税が徴収されます。

(合算:一般物品&消耗品)
免税対象額:1日1店舗あたりの合計購入額が税別5,000円以上50万円まで
梱包指定:一般物品も消耗品同様に国が定めた方法で梱包され、日本を出国するまで開封することはできません。日本国内で開封あるいは消費した場合は、消費税が徴収されます。

免税条件
・個人使用の目的での購入するものに限られます(商用目的不可)
・購入日から30日以内に日本国外へ未開封のまま持ち出すこと
・申請期間は購入当日のみ(受付時間にご注意ください)

注意点
・一般物品と消耗品を合算して免税手続きができるかは店舗により異なるので、店舗で確認ください。
・商店街の中に存在するショッピングセンター(設置者が商店街の組合員)に入るテナント等が商店街の組合員でなくとも、当該テナントでの購入物品と商店街の組合員の店舗での購入物品を免税手続カウンターで合算することが可能となります。
・免税ルールや手続き方法などは予告なく変更される場合があります。リスヴェル編集部では、払戻し手続き方法の内容について万全を期しておりますが、変更に伴い発生した諸問題、また利用者や第三者が被った損害は一切の責任を負いません。

詳しくはJapan Tax-free Shopをご参照ください。

(2019.10.1現在)

risvel facebook