デンマーク季節限定クリスマスビールはまだまだこれから
期間:2019年11月1日から 2020年1月10日まで
[リスヴェル編集部]2019年12月23日公開

エリア:ヨーロッパ  > デンマーク / ジャンル:観光情報・観光局・現地便り , イベント・フェスティバル , ナイトライフ

デンマークの酒造会社「ツボルグ(Tuborg)」が季節限定で製造販売するビール「ユーレブリーグ(Julebryg)」が毎年11月の第一金曜日から解禁され、10週間にわたり市場に出回る。デンマークの人々はこのビールでクリスマスのホリデーシーズンを祝う人も少なくない。今年は11月4日(金)から販売され、来年1月初旬まで販売される予定。デンマークのバーやカフェでも飲むことができる。

デンマーク語でユーレブリーグと呼ばれるビールは、通常のラガーより濃い色で味も濃厚。1981年に製造された3種のビールを混合したオリジナル。クリスマスビールが解禁される日は“Jデー”と呼ばれ、1990年から始まったイベントとしてデンマーク中に広まり、Jデーには、みんな楽しそうにツボルグのクリスマスビールを楽しむ。デンマークの人々はツボルグのクリスマスビールの広告や配達車を見ると、今年も「このシーズンが来た!」と感じるそうだ。
Tuborg Julebrygの詳細はこちら。
https://www.carlsberggroup.com/products/tuborg/tuborg-julebryg/#.VHAbPNa4rHY

ツボルグは、1873年に実業家カール・フレデリック・ティットゲン氏の手によって設立。当初はデンマークの市場向けにペール・ラガースタイルのビールを醸造していた。1903年にカールスバーグと提携し、1970年にはカールスバーグの子会社となった。(出典:ウィキペディア)

Carlsberg Group
https://www.carlsberggroup.com/

【お問い合わせ】

risvel facebook