冬こそオンタリオ州を楽しむベストシーズン! イルミネーションやパレード、マーケットなどユニークなイベントが目白押し
期間:指定なし
[カナダ・オンタリオ州観光局]2018年11月 5日公開

エリア:カナダ・アラスカ  > カナダ / ジャンル:イベント・フェスティバル , 観光情報・観光局・現地便り , 

 カナダ・オンタリオ州では、本年もトロントやナイアガラの滝、首都のオタワを中心に年末年始にかけて、クリスマス関連や冬ならではの様々なイベントが州内各地で予定されています。


 トロントではクリスマスシーズンの訪れを知らせる「サンタクロース・パレード」が開催114回目を迎えます。ディスティラリー・ディストリクトの「トロント・クリスマスマーケット」や、市庁舎前のネイサンフィリップス・スクエアでは様々な店舗が軒を連ねる「ホリデー・フェア・イン・ザ・スクエア」が開催されるほか、屋外アイススケートリンクもオープンします。市庁舎のクリスマスツリー点灯式「カバルケード・オブ・ライツ」は、大勢の市民と観光客が見守る中で行われ、打ち上げ花火やライブステージがイベントを盛り上げます。


 ウィンター・フェスティバル・オブ・ライツ」は、113日から約2か月にわたりナイアガラで開催されます。本年はこれまでよりも2週間も早い、11月初旬からの開催です。ナイアガラの滝周辺5キロの道路沿いに200万個のイルミネーションで飾られたディスプレイが施され、冬のナイアガラの夜を煌びやかに照らします。冬の時期のナイアガラは、およそ氷点下20度まで下がる気温と滝の飛沫が作り出す不思議な氷の造形も見どころのひとつです。


 オタワでは「クリスマスライツ・アクロス・カナダ」のイルミネーションが125日からスタートします。期間中は、毎日実施される国会議事堂でのプロジェクションマッピングショーのほか、ダウンタウンや川向うのガティノーで主要な建物が美しくライトアップされます。また、年明け2月からは世界遺産・リドー運河をメイン会場に、北米最大の冬のお祭り「ウィンタールード」が開催されます。冬期のリドー運河は、全長7キロ以上におよぶ世界最大の屋外天然アイスリンクとしてギネスブックにも登録されており、観光客もスケート靴をレンタルして、リドー運河でのアイススケートを楽しむことができます。


 その他のオンタリオ州内各地でのイベントは、アメリカとの国境を流れるセントローレンス川沿いの、モリスバーグにある1860年代のカナダが体感できる「アッパーカナダ・ビレッジ」で、イルミネーションイベント「アライト・アット・ナイト」が1130日からスタートします。12月中の木曜日を含む週末4日間の開催です。セントローレンス川河口にある、古都キングストンでは世界遺産フォート・ヘンリーにて、イルミネーションでライトアップされた砦内を、散策しながら、インタラアクティブに遊べる仕組みの「ルミナボレアリス」が11月末から始まります。ブルーマウンテン・リゾートでは、12月から、イルミネーションとブルーマウンテンをかけた「ブルーミネーション」がビレッジ内を彩ります。ドリーム・トレイルと名付けられた散策ルートが設置され、ビレッジ内を楽しく回遊できるようになっています。イベント期間中は、土曜日の花火打ち上げや、ビレッジ内を馬車に乗ったりできます。


 オンタリオ州では、これらのイベントのほか、街から少し離れるだけで、大自然のなかで犬ゾリやスノーシュー、クロスカントリースキー、スノーモービル、そしてアイス・フィッシングなどのアウトドア・アクティビティが楽しめるのも特徴です。

【お問い合わせ】