リスボンの祭り「聖アントニオ祭」
期間:2018年6月12日から 2018年6月13日まで
[世界のイベント(リスヴェル編集部)]2018年05月 6日公開

エリア:ヨーロッパ  > ポルトガル  > リスボン / ジャンル:イベント・フェスティバル , 

リスボンは6月から夏に向かって、映画祭、芸術祭、町を行く路面電車でのファド、スポーツ競技、展覧会など、個性豊かな多くのイベントが行われる。それらのイベントの先陣を切って、リスボンの守護聖人“聖アントニオ”を讃える祭り「聖アントニオ祭(Santo António de Lisboa)」が毎年6月12日(前夜祭)と13日(聖アントニオ祭当日)に行われる。

前夜祭の夜9時頃から深夜まで続くリベルダーデ大通りのパレードで最高潮を迎え、カステロ地区(Castelo)からモウラリーア地区(Mouraria)にかけて、グラサ地区(Graça)、アルファマ地区(Alfama)、さらにアジュダ地区(Ajuda)、バイロ・アルト地区(Bairro Alto)などで、マンジェリコ(バジル)の鉢植え、イワシの炭火焼き、サグレスのビール、花飾り、聖人の置物などを売る屋台が軒を連ねる。イワシを炭で焼いて食べることから、聖アントニオ祭は、別名“イワシ祭り”と呼ばれている。

また、聖アントニオは、縁結びの聖人であるため、男性が付き合っている女性にマンジェリコを贈る習慣があるそうだ。13日の当日午後には、アルファマ地区にある聖アントニオ教会にカーネーションを持って訪れ、教会の聖人像の足下にそえる。

聖アントニオ祭
開催日:前夜祭        6月12日
    聖アントニオ祭当日  6月13日
開催地:リスボン
URL:http://www.visitlisboa.com/Home_UK.aspx?lang=en-GB

ご注意:イベントの日程や内容は変更になる場合があります。主催者公式ウェブサイトなどで旅行計画時に必ずご確認をお願いします。リスヴェル編集部では、日程や内容について各国観光局やイベント公式サイトを確認しながら万全を期しておりますが、イベントの日程や内容の変更に伴い発生した諸問題、また利用者や第三者が被った損害は、リスヴェル編集部は一切の責任を負いません。

【お問い合わせ】

risvel facebook