Agoda.comがお勧めタイのロマンティックなフェスティバル・ロイクラトン祭シーズンはタイ旅行で決まり!
期間:指定なし
[アゴダ カンパニー]2013年10月24日公開

エリア:アジア / ジャンル:ホテル・宿泊施設 , 観光情報・観光局・現地便り , イベント・フェスティバル

アゴダ®ニュース




シンガポール(2013年10月24日)


米国Priceline Group(Nasdaq:PCLN)のグループ企業でアジア大手のホテル予約サイトAgoda.comが、最高に美しくロマンティックなタイの人気伝統行事ロイ・クラトン祭りをご紹介します。

タイの旧暦で12回目の満月の夜はタイで人気の伝統行事ロイ・クラトン祭りの開催日です。今年はのロイ・クラトン祭りは11月17日に開催されます。祭りの夜は多くの人々が川や湖、水路などの水辺に集まり、数百年も続くこの祭りに参加します。人々は、この祭りを通して水の女神、プラ・メー・コンカに敬意を示し、実り多き1年に感謝の意を捧げると共に翌年もこの幸運が続くよう祈ります。タイは、農業の占める役割が非常に大きな国であるため、水とは深く強固な結びつきを持っています。そのため、ロイ・クラトン祭りは現在でも人々にとって重要な行事として考えられています。

このロイ・クラトンという祭りの名前は由来は独特です。祭りの最中に人々が行う行為がそのまま表されています。祭りの日は、タイ国内の至る所でクラトン(kratong)と呼ばれる円形の小さな浮き舟が販売されます。浮き船は、小さくシンプルなものから大きく派手な装飾が施されたものまで実に様々です。土台は木やパン、竹、バナナの木で作られており、花や葉、ロウソク、線香などでそれぞれに彩られます。人々は浮き舟を選んだ後、水に向かってお祈りし、その浮き舟を岸から流します。この浮き船を流す動作をタイ語でロイ(loi)といいます。業(カルマ)の概念が広く浸透しているタイでは、この浮き船に自分の爪や髪の毛の一部を乗せて一緒に流すこともあります。体の一部を水に流すこの行為により、新しい人生の始まりが象徴されています。

この祭りは、水辺だけで行われるわけではありません。ロウソクで温められた空気によって上昇するコムローイと呼ばれる大きな紙製のランタンが一斉に空に放たれる光景を目にすることができます。膨大な数のランタンが高く高く空へと上り、ロウソクの光がオレンジ色の点になり夜空に消えていく光景はとてもロマンティックです。ランタンを1つだけ飛ばしてそれを見守るのもとても愛らしい光景ですが、何千個もの灯籠が夜空に浮かぶ光景は、目を疑うほどの美しさです。特にチェンマイはこの行事の開催地として有名です。祭りの最中は、灯篭流しのほかにもタイのお祭りに欠かせないたくさんの食べ物や花火、光り輝く街の光景を同時に楽しむことができるでしょう。

ロイ・クラトン祭りに参加する際に注意していただきたい点があります。流した後に自然に分解されない浮き舟は使わないようにしましょう。数年前、発泡スチロールやプラスチック製の浮き舟が流行しましたが、川にごみが散乱する大惨事となりました。浮き船を購入する際は、自然原料から作られた浮き舟を選ぶようにしましょう。

Agoda.comはこの美しい休暇を満喫するためにふさわしいタイのホテルをこちらでご紹介しています。

Agoda.comが提供する世界中のホテル特別価格はwww.agoda.comでチェックできます。また、Facebook:www.facebook.com/agodaGoogle+:http://plus.google.com/+agodaでもぜひアゴダ®をチェックしてみてください。

【お問い合わせ】