ニュージーランド航空、「オールブラックス」選手との交流イベント開催 ~アーダーン首相もサプライズで登場~
期間:2019年9月25日から
[ニュージーランド航空]2019年09月25日公開

エリア:オセアニア  > ニュージーランド / ジャンル:航空会社 , 観光情報・観光局・現地便り , イベント・フェスティバル

ニュージーランド航空は9月20日、ラグビーニュージーランド代表オールブラックスを招き、日本の高校生、大学生との交流イベントを三菱電機イベントスクエア「METoA Ginza」内「METoA Cafe & Kitchen」にて開催いたしました。ニュージーランド航空は1998年よりオールブラックスの公式パートナーを務めており、オールブラックスはラグビー・トーナメントのため9月9日よりニュージーランド航空で来日しています。

当日は、オールブラックスよりアントン・リナート-ブラウン選手、マット・トッド選手、サム・ホワイトロック選手が登場すると、大きな拍手で迎えられました。また、サプライズでニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相も選手の応援に駆け付けました。イベントには、高校生14名とラグビー部の大学生15名が参加し、選手、アーダーン首相へ英語での質問に挑戦したり、ゲームを行ったり、ニュージーランド産コーヒー「フラットホワイト」や、ニュージーランドでお馴染みのお菓子「パブロバ」などを楽しみました。

アーダーン首相が参加した高校生、大学生に「どのラグビーチームを応援していますか」と尋ねると、会場は「オールブラックス!」という大きな歓声に包まれました。

目隠しをして描いた絵を当てるゲームでは、ニュージーランド航空のビジネス・プレミアで提供しているアイマスク「バード・マスク」を選手が着用し、飛行機や動物の絵などを描きました。選手のユニークな絵に、会場には笑いがあふれました。正解者にはサイン入りの絵をプレゼントし、参加者は大いに盛り上がりました。高校生は返礼にマオリ語で「Pokarekare Ana」を歌い、大学生はラグビーの「ハカ」のようなかけ声で場を盛り上げました。

ニュージーランド航空日本支社長のクロヴィス・ペリエは、本イベントについて以下のように述べています。
「オールブラックスの選手や首相が来日し、ニュージーランドについて発信してくださるのはとても素晴らしいことです。オールブラックスもニュージーランド航空も、ニュージーランドという国を誇りに思っており、オールブラックスがニュージーランドのナショナルチームであるように、ニュージーランド航空はナショナルフラッグキャリアとして、社員みなオールブラックスを応援しています。まさに#Crazy About Rugbyなのです」

オールブラックスのアントン・リナート-ブラウン選手は、「日本の高校生、大学生はとてもマナーが良く、今日は素晴らしい交流ができました。彼らがトーナメントを楽しみにしていることが伝わってきました」と話しました。

ニュージーランド航空は、今後もオールブラックスの公式パートナーとして、ニュージーランド直行便による快適な旅をご提供します。

なおニュージーランド航空では、11月4日(月・祝)まで、オールブラックスへの応援の意を込めて、航空券などが当たる「オールブラックスに挑戦!」キャンペーンを実施しています。
https://airnzcrewroom.jp/

【お問い合わせ】

【日本での問い合わせ先】

  • ニュージーランド航空 広報担当 エイレックス 田中・和田
  • TEL:03-3560-1855
risvel facebook