ニュージーランド航空、クリスマスソングビデオを発表 ~南半球の真夏バージョンに名曲をリミックス~
期間:指定なし
[ニュージーランド航空]2016年12月 1日公開

エリア:オセアニア  > ニュージーランド / ジャンル:航空会社 , 観光情報・観光局・現地便り , 旅行準備

ニュージーランド航空は12月1日、世界的に有名なクリスマス・ソング『ウィンター・ワンダーランド』の歌詞を南半球での真夏のクリスマスに合うよう書き換え、ニュージーランド特有のエッセンスを加えたコメディ・タッチのオンライン・ビデオを発表しました。ビデオには、複数のアルバムでプラチナディスクを獲得しているアイルランドのアーティスト、ローナン・キーティング、そしてニュージーランドの子役として前途多望なジュリアン・デニソンが出演しています。

同ビデオ『サマー・ワンダーランド』は、映画『Hunt for the Wilderpeople(原題)』の出演で知られるジュリアン・デニソンが、『ウィンター・ワンダーランド』をユーモアたっぷりに書き換え、気乗りのしないローナン・キーティングに歌わせるストーリーとなっており、クリスマスのシーズンが南半球ではどんな光景なのかをよく映し出しています。

ニュージーランド航空のグローバル・ブランド&コンテンツ・マーケティング担当ジェネラル・マネジャー、ジョディ・ウィリアムスは、替え歌の歌詞はここニュージーランドの視聴者にとってはキウィ流クリスマスを彷彿させるものとなり、またニュージーランドへの訪問を検討している世界中の旅行者の皆様へ、魅力的なメッセージとしてお伝えできるとして、次のように述べています。

「南半球では、そりの鈴や雪はしっくりこないこともあり、私たちは『クリスマス・ソングを平等に』という概念のもとに、言葉遊びができるような楽しみ方を考え、ニュージーランド人やオーストラリア人が共感できる歌を作りました」

「このビデオが、クリスマス・ムードを広めていくだけでなく、普遍的なクリスマス広告との違いに注目されることで、旅行者の皆様には、ニュージーランドの『ワンダーランド』を楽しむのに冬を連想する必要はない、と気づいていただけたらと考えています」

出演したローナン・キーティングは、ジュリアン・デニソンと通常ではありえないコンビが組め、「地球の反対側」リミックスを笑いたっぷりにレコーディングできたとして、次のように述べています。

「私は、ニュージーランドという国とそこに暮らす人々、そしてニュージーランド航空の大ファンです。ニュージーランド航空のユーモラスな機内安全ビデオと快適な機内での時間もとても気に入っています」

「ジュリアン・デニソンとの仕事はスムーズでした。彼はもうすっかり大物で、信じられないほどプロフェッショナルで、そのうえ歌も上手なんです」

ニュージーランド航空の『サマー・ワンダーランド』は、Facebook、Twitter、YouTubeのニュージーランド航空公式アカウントにて公開します。ビデオの視聴、サウンドトラックのダウンロードは専用ページ(www.airnzchristmas.co.nz)から可能です。

Facebook: www.facebook.com/AirNZJP
Twitter: twitter.com/AirNZJP
YouTube: youtu.be/6l_K1jQv9Zo

※本件は、2016年12月1日にニュージーランドで発表されている内容です。

【お問い合わせ】

【日本での問い合わせ先】

  • ニュージーランド航空 広報代理 株式会社エイレックス
  • TEL:03-3560-1855
risvel facebook