ニュージーランド航空、機内安全ビデオ最新作「ハリウッドで撮ってみた」編を発表
期間:指定なし
[ニュージーランド航空]2016年07月21日公開

エリア:指定なし / ジャンル:航空会社 , サービス・商品情報 , 旅行準備

ニュージーランド航空はこの度、機内安全ビデオの新作「ハリウッドで撮ってみた」編を発表しました。テレビドラマの人気ヒット作『Mom(マム)』や映画『最終絶叫計画』シリーズの主演を務めるハリウッド女優アンナ・ファリス、そしてニュージーランドの俳優であり喜劇界の巨匠、リス・ダービーが登場します。

当機内安全ビデオはダービー扮する脚本家が、アンナ・ファリスにニュージーランド航空の機内安全ビデオへの出演をオファーし、西部劇やホラーなどいくつかのジャンルで撮影をおこなう形で進行します。

機内安全ビデオ「ハリウッドで撮ってみた」編は、ロサンゼルスのワーナー・ブラザース・スタジオ内の4つのセットで撮影されました。『ジュラシック・パーク』『カサブランカ』『宇宙戦争』とテレビシリーズ『トゥルーブラッド』に使った撮影場所も含まれています。エキストラも20名以上参加し、映画『トランスフォーマー』とTVドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』に登場する犬、チェスター・ザ・チワワも出演します。

ニュージーランド航空グローバルブランド部長ジョディ・ウィリアムズは、「『ホビット』の機内安全ビデオ制作でご一緒したワーナー・ブラザースと再びお仕事でき、また、実力派のリス・ダービーやアンナ・ファリスとアメリカ映画制作の拠点であるハリウッドでご一緒できたのは、大変光栄です」と述べています。

「アンナ・ファリスとリス・ダービーの組み合わせはコメディとして最高であり、このビデオに命を吹き込んでくれました。乗客の皆様に楽しんでいただきながら、機内安全における大切なメッセージをお届けします」

「ニュージーランド航空の機内安全ビデオは今や世界的に有名で、皆様が次の作品を楽しみにしてくださっています。当社機内安全ビデオにお寄せいただくご関心には目を見張るものがあり、これまでの作品を合計するとオンラインで8,300万回の再生があったほか、CNN、BBC、Time.com、The Daily Mailなどの国際的報道メディアでも取り上げられてきました。この最新ビデオにより、再び世界中がニュージーランドに注目し、ニュージーランドへご旅行いただくきっかけとなるでしょう。また、ニュージーランドが幅広い分野で才能豊かな人材を輩出していることも、お分かりいただけるでしょう」

機内安全ビデオ「ハリウッドで撮ってみた」編は、本日よりニュージーランド航空の全路線にて上映開始いたします。同時に、以下のリンクからご覧いただけます。
https://youtu.be/t1-ZlkigzEg

また、この新作ビデオ発表を記念し、ニュージーランド航空公式Facebook上にてクイズキャンペーンを実施します。
7月22日(金)から27日(水)までの間に、ビデオ内容に関する3問のクイズが投稿されます。コメント欄に回答を記入していただくと、抽選で10名様に全国のTOHOシネマズで使えるギフトカード2,000円分が当たります。ぜひ公式Facebookページ facebook.com/AirNZJPをご確認ください。

【お問い合わせ】

【日本での問い合わせ先】

  • ニュージーランド航空 広報代理 株式会社エイレックス
  • TEL:03-3560-1855
risvel facebook