「MUSEサントロペ」、2016年の営業を開始
期間:指定なし
[YTLホテルズ]2016年05月24日公開

エリア:ヨーロッパ  > フランス  > コート・ダジュール地方 / ジャンル:ホテル・宿泊施設 , 

マレーシアを中心に世界7か国に、周辺地域の自然や地理的特徴を最大限に生かしたラグジュアリーリゾートやホテル、ラグジュアリー・スパ・リゾートを所有するYTLホテルズは、南仏の最高級リゾートとして人気の高いプロヴァンス・アルプ・コートダジュール地方のラグジュアリーブティックホテル「MUSE(ミューズ)サントロペ」において、2016年4月21日から、今季の営業を開始したことを発表しました。営業期間は2016年10月3日まで。今年3月に、世界75か国、500件以上の独立系の小規模高級ホテルで構成されるホテルブランド「Small Luxury Hotels of the World」(SLH)に加盟したばかりのMUSEサントロペでは、営業開始に伴って、家具ブランド「Rock the Kasbah」(ロック・ザ・カスバ)のブランドクリエイター、Philippe Xerri(フィリップ・グゼリ)氏の指揮のもと、フロントスペースをターコイズブルーの海岸と天然木を基調とした内装に改装し、お客様をお迎えします。

「紺碧の海岸」を意味し、その名の通り碧い海と碧い空にかこまれ、まばゆい陽光が降り注ぐ南仏コート・ダジュール地方は、古くはルノワールやピカソといった巨匠に愛され数多くの名画にも登場してきました。貴族の保養地として発展を遂げ、現在も南仏エリアの最高級リゾートとして、セレブリティや世界中の観光客を魅了しています。

こうしたコート・ダジュール地方のラマチュエルにあるMUSEサントロペは、フランス最古の家具メーカーHenryot製家具をしつらえたエレガントな全14戸のスイートで構成されています。各スイートには、プライベートガーデン、またはウッドデッキ、あるいはプライベートプールなども完備しているほか、エッセンシャルオイルの微粒子を水に懸濁させたハイドロゾル(芳香蒸留水)技術を用い、若返りに効果的とされるスパトリートメントもスイート内で受けることができます。

敷地内には、景観アーティストのソフィ・アガタ・アンブローズ(Sophie Agata Ambroise)がデザインした、コート・ダジュール地方に生息する動植物が見られる約12,000㎡(約3エーカー)のエコガーデンがあるほか、メインプールを囲むようにバーやジムなどが配置され、カバナやラウンジャーでゆったりとした時間を過ごすことができます。また、ホテルのメインダイニング、レストラン「M」では、地中海や大西洋周辺地域で獲れる山海の幸をふんだんに使った料理を楽しめ、その他にも24時間対応のコンシェルジュサービスなど、きめ細かなサービスを特徴としています。

新たに改装されたフロントスペースは、パリ出身のスタイリストで家具ブランド「Rock the Kasbah」(ロック・ザ・カスバ)のブランドクリエイターであるPhilippe Xerri(フィリップ・グゼリ)氏がデザインを担当しました。Rock the Kasbahは、欧州最大級のインテリア・デザイン見本市「メゾン・エ・オブジェ」
へ出展しており、アフリカをはじめ民族性を意識したデザインが世界で高く評価されています。

【お問い合わせ】