イギリス(英国)の免税手続き方法

step2税関で免税書類に輸出承認スタンプを押してもらう

イギリスはEU加盟国なので、購入月末日から3ヶ月以内にEU加盟国の最終出国税関で未使用の購入商品を提示して輸出承認スタンプを免税書類に押してもらう必要があります。つまり、他のEU加盟国を経由する場合は経由地であるEU最終出国地の税関で手続きを行います。例えば、ロンドンーフランクフルトー日本と乗り継いで帰国する場合は、フランクフルトの空港で購入商品を手荷物にして税関手続きをします。ただし、機内預け荷物に購入品をいれ、日本に到着するまで荷物を受け取らない場合は、最初に搭乗手続きをした空港、つまりヒースロー空港で税関手続きを行います。

・免税書類
・購入品のレシート(オリジナル、クレジットカード明細は不可)
・未使用の購入品
・搭乗券、または航空券
・パスポート

空港での税関手続き
▼ロンドン・ヒースロー空港(ターミナル3、出国手続きの前)
Travelex Bureauが複数の払戻サービス会社の支払業務と税関業務を代行しています。EU圏内で発行した免税書類であれば、これらのカウンターでは税関印を受けることなく、その場で払い戻しを受け取ることができます。現金での受け取りは一枚あたり、手数料として別途約2ポンドかかります。ご利用される場合は、出国手続き前(ランドサイド)にあるため、免税商品を機内預け荷物に入れての手続きになります。

免税商品が手荷物の場合は、出国手続き後(エアサイド)の税関で手続きが必要です。現金受取を希望する場合は出国手続き後にTravelex Bureauでお受取りください。現金での受け取りは一枚あたり、手数料として別途約2ポンドかかります。クレジットカードでの払い戻し希望は、手荷物検査後に専用箱に免税書類を投函してください。

risvel facebook