デンマークの免税手続き方法

step3還付金を受け取る

免税書類に税関印を押してもらえば、あとは払戻しを受けるだけ。現金、クレジットカード、銀行小切手などから受取方法を選択します。現金は、払戻しカウンターでその場で受け取ることができますが一部のカウンターで免税書類1枚につき3ユーロの手数料がかかる場合があります。現金の通貨は、カウンターのある国の通貨で受け取るのが最もお得なので、日本円で欲しい場合は日本のカウンターで受け取るのがおすすめ。クレジットカードと小切手の場合は、払戻しカウンターに立ち寄ることなく投函箱に書類を投函するだけ。投函前にローマ字で名前、住所、クレジットカード番号が正しく記載されているか必ず確認しましょう!クレジットカードは約2,3ヵ月後のご利用明細で確認しましょう。

北欧4カ国の免税書類の手続き方法
コペンハーゲン空港で乗り継ぎまたは当該空港から出発する場合(購入商品が手荷物かスーツケースの状態いずれの場合)は通常通り、ランドサイド(チェックインエリア)にある税関で手続きします。ただし、2007年4月1日よりスウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマークの4カ国で発行された免税書類はグローバルブルー代行カウンターのスタンプでも日本で払い戻し手続きができます。代行カウンターは上記4ヶ国の免税書類しかお取り扱いをしていませんので、他の国で発行された免税書類は税関で手続きをお願いします。日本の払い戻しカウンターでもコペンハーゲン空港の出発エリア(エアサイド)にある払い戻しカウンターでも払い戻しを受け取ることができます。



注意事項
・ 船舶で出国する場合も通常の手続きが必要です。
・ 現地で税関印が受領できなかった場合は、デンマーク大使館のスタンプも有効です。料金、予約、必要な書類等は直接デンマーク大使館へお問い合わせください。
・1枚当たりの払い戻し金額が高額の場合はクレジットカードまたは小切手でのお支払いとなります。書類に不備がある、書類の有効期限までに十分な余裕がない場合など各国の条件を満たさない場合はお手続きができない恐れがございます。税関スタンプを受領した後はなるべく早めに申請ください。




情報提供:グローバルブルー
https://www.globalblue.com/




ご注意:免税ルールや手続き方法などは予告なく変更される場合があります。リスヴェル編集部では、払戻し手続き方法の内容について万全を期しておりますが、変更に伴い発生した諸問題、また利用者や第三者が被った損害は一切の責任を負いません。

risvel facebook