旅の扉

  • 【連載コラム】「eTabi・eAji・eDeai」
  • 2015年9月3日更新
旅先の歴史文化を肌で感じ、食の魅力と一期一会の心を夫婦で配信
ライフスタイルWEBマガジンlade:根建 孝弘・亜弥子

リゾートホテルの愉しみは、何もスパやプールのウェルネスだけじゃない!1日1組限定のクッキングスクールが断然お勧め!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム」zoom
バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム」

近年、タイ料理のブームに伴い、アジア圏の「海外旅行先ランキング」で堂々の首位を誇り、旅行初心者でも気軽に海外に足を運ぶ国といえば、親日家でもあり「微笑みの国」と称されるアジアのタイ・バンコク。タイへの旅の目的は人それぞれに違い、「タイフード」にはじまり「遺跡巡り」や「リゾート」、「ゴルフ」、「ダイビング」と様々な欲求を満たしてくれる国として人気が高いようです。そんな多くの観光客が訪れるタイ・バンコクで、今回、わたし達ladeがお贈りするのは、アーバンリゾートホテルで過ごす新たな魅力の発見です!

バンコク市内を縦断するかのように流れるチャオプラヤー川沿いにオープンし、人気急上昇中のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」。歴史的地区として閑静なドゥシット地区で周囲に宿泊施設などは存在しないため、バンコク繁華街の喧騒に溢れ返る雰囲気とは異なり、都会に隣接しながらも、川沿いであるがゆえのリゾート感に満ち溢れた素晴らしい5つ星ホテルです。

リゾートホテルでの愉しみといえば、スパやプール、ヨガなどのフィットネスやウェルネス!このような非日常的なライフスタイルを送ることでリフレッシュするのも人気の1つですが、ここザ・サイアムでは、タイレストランのシェフがマンツーマンでタイ料理を教えてくれる「クッキングスクール」のオプショナルが断然お勧めです!

リゾートホテルでのクッキングスクールは良く耳にしますが、シェフがマンツーマンで指導するというのはなかなか無いでしょう。しかし、ザ・サイアムのクッキングスクールは1日1組を限定とし、シェフを独り占めしながら、美味しく楽しいレッスンを受けることができるのです!

「ザ・サイアム」のクッキングスクールは1日1組限定zoom
「ザ・サイアム」のクッキングスクールは1日1組限定

定められたタイ料理のメニューの中から、自分の作りたい好きなメニューを選び、そのメニューに必要な食材をシェフと一緒に市場に買い出しに出掛けるツアーからスタート!バンコクの雑多な雰囲気に溢れる市場は活気があり、新鮮な食材が並ぶその様子には、日本の市場とは一味違った面白さがあります。

日本ではあまり見慣れないタイの食材などもシェフがきちんと説明してくれるから安心です。ちなみに、シェフとの会話は、英語またはタイ語となります。英語があまり得意ではなく、カタコトの単語を繋ぎ合わせたつたないわたしの英語でも全然問題なくスムーズに行えたので心配無用です。料理は心で伝わるものですね(笑)

クッキングスクールを開催する場所で、ザ・サイアムオリジナルのエプロンを着けてクッキングスタートです!分量は計測済みで小分けに用意された材料、シェフのお手本を観ながら野菜をカットしたり、調理したりと、マンツーマンでの手取り足取りの指導のため、何ら難しいことなくタイ料理に挑戦できます。

最後に、使用したオリジナルのエプロンは、シェフオリジナルのレシピブックと共にプレゼントされるので、日本に帰ってからでもタイ料理を再現できますね!きっと料理が苦手な方にも楽しんでもらえるクッキングスクールだと思います♪

タイの代表的な料理「トムヤムクン」zoom
タイの代表的な料理「トムヤムクン」

今回は代表的なタイ料理の3品を教えていただきましたが、そのレシピを特別に1つだけご紹介します!

【トムヤムクン TOM YUM GOONG】
タイ語で「トム (ต้ม)」は煮る、「ヤム (ยำ)」は混ぜる、「クン (กุ้ง)」は海老を意味します。
タイを代表する料理として最も有名なスープです。

材料:海老から取れた出汁 600ml(海老の頭と殻 500g、水 2.5ℓ、ガランガル 50g、レモングラス5~6本、コリアンダールート25g、コブミカンの葉 2枚)、コリアンダールート(根茎) 4g、唐辛子 1~2本(辛さはお好みで)海老 150g、ふくろ茸 65g、レッドオニオン 半個分、コブミカンの葉 2枚、レモングラス 2~3本、ガランガル 10g、トムヤムチリペースト 30g、ナンプラー(魚醤)30ml、マナオ(代用ライム)30ml

①.ガランガルは皮を剥き包丁で叩き砕き、レモングラスも根っ子の部分を同様に叩き砕きます。レッドオニオンはスライス、ふくろ茸は丸ごとまたは半分にカット、コリアンダールートは根っ子を縦に裂け目を入れましょう。コブミカンの葉は、真ん中の筋を取り手でちぎります。唐辛子は縦半分にカットし種も使います。

②.①の材料をすべて鍋に投入し、海老から取れた出汁を入れてから火を点け、強火で煮込みましょう。

③.沸々と沸いてきたら中火にし海老を投入。うっすらと赤く海老が綺麗に染まる程に火入れできたら一旦火を弱めます。

④.ナンプラー、マナオ(代用ライム)、トムヤムチリペーストを順に加え好みの辛さに調整し、良く混ぜ合わせスープ皿に盛り付ければ完成です!

油を使わないヘルシーさがあり、程好い酸味と辛味が織り交ざる複雑味溢れる本格トムヤムクンスープは絶品です!あなたも本格的なタイフードにチャレンジしてみませんか?

「ザ・サイアム」の象徴的な中庭zoom
「ザ・サイアム」の象徴的な中庭

「ザ・サイアム」の宿泊記や、タイの記事はこちらからすべてご覧いただけます。

バンコクで優雅な時を過ごすアーバンリゾートホテル宿泊記
http://lade.jp/articles/travel/41279/

タイ関連記事
http://lade.jp/category/diary/travel-diary/thailand/

ライフスタイルWEBマガジンlade:根建 孝弘・亜弥子
毎朝起きて必ず交わす「おはよう」の挨拶のように、夫婦で必ず交わす「今日何食べる?」の会話。B級グルメから星付きまで幅広さを持ち、バランスを保ちながらジャンルを問わず、本当に美味しいものは何かを求めています。

国内外、気の向くままに夫婦で足を運び、グルメネタを中心にした日々のライフスタイルをWEBマガジンで配信しています!

ライフスタイルWEBマガジンlade:http://lade.jp/

ladeフォトアルバム:https://goo.gl/r9a4zE

根建亜弥子フェイスブック:https://www.facebook.com/ayaco.mineno
risvel facebook