旅の扉

  • 【連載コラム】トラベルエディターの旅コラム
  • 2013年8月21日更新
世界で一番好きな場所
Editor:スミタナオコ

羽田発でシアトルへ!Vol.9  シアトルでメジャーリーグ観戦

夏の夕暮れのセーフコフィールド。シアトルの人々の楽しみのひとつzoom
夏の夕暮れのセーフコフィールド。シアトルの人々の楽しみのひとつ
2001年から2012年までイチローが在籍したこともあり、一躍日本でもメジャーになった「シアトルマリナーズ」。イチローの活躍を見るために、シアトルまで足を運ぶ日本人がぐっと増えたといいます。残念ながらイチローは2012年、ヤンキースに移籍してしまいましたが、現在は岩隈久志投手が活躍中!シアトル滞在中、ぜひメジャーリーグの試合を見てみてはいかがでしょうか?

シアトルマリナーズの本拠地となるのが、セーフコフィールドです。1999年に竣工し、約4万7000人の観客席と、開閉式の屋根をもつ壮大な球場。明るく開放的な雰囲気で、まさに「大リーグを見に来た!」という雰囲気が味えます。ダウンタウンの南に位置し、アクセスも良いので、シアトルの人々のアフターファイブの楽しみのひとつ。
選手の裏話なども聞くことができるフィールドツアーzoom
選手の裏話なども聞くことができるフィールドツアー
試合観戦同様に人気があるのがセーフコフィールドのフィールドツアー。普段見ることのできない1塁側のベンチや、記者席などを訪れたり、なんとフィールドに入り(立ち入ることができるのは芝生手前まで)観客席も見上げることも!
実況席を間近で見学!zoom
実況席を間近で見学!
日本語ツアーなどを申し込まないかぎり英語のみとはなりますが、名物ガイドの案内も楽しみ。マリナーズの歴史や選手の裏話などを聞くことができるかもしれません。所用時間は1時間30分で大人10ドル。試合のある日とない日でスケジュールが違うので、ウェブサイトなどで確認を。チケットはオンラインで買うことも可能です。
シアトルの人気シェフイーサン・ストウェル氏zoom
シアトルの人気シェフイーサン・ストウェル氏
さて、試合中の楽しみと言えば、ビールとおつまみ!と言う方も多いのでは?
セーフコフィールドにも多数のテイクアウトの店があり、おなじみのハンバーガー、ホットドッグ、ピザをはじめ、ベトナム料理、メキシカン、寿司まで、実にバラエティ豊か。Redhookなどの地ビールも豊富です。日本のように、座席でのコーラやビールなどのドリンク販売もあります。

特に注目なのが、数年前からセーフコフィールドで販売される飲食物の開発、マネージメントに取り組んでいるシアトルの売れっ子シェフ、イーサン・ストウェル氏が、2013年にオープンした、球場内のバー&レストラン「Edgar's Cantina」。
球場にいながらにして、ノースウェストらしさを感じる料理を味わいたいzoom
球場にいながらにして、ノースウェストらしさを感じる料理を味わいたい
球場内の食事といえども、シアトルらしさ、ノースウェストらしさを感じて欲しいという思いから、メニューには地元の農家から仕入れた肉や野菜を使用。観戦しながら食べやすいタコスなどの軽食を中心に、ハーブやスパイス、ライムなどを用いて洗練された味わいのメニューをラインナップ。穀物を使用したホットドッグなど、ベジタリアンのためのメニューもあり、健康に気を遣う女性にも好評だそう。オリジナルカクテルも好評で、中には試合そっちのけで、食事と飲物と談笑を楽しむ人々の姿も…。ここだけは野球場の売店というより、街中のバーの一角のような雰囲気。セーフコフィールドに行ったら、ぜひのぞいてみたいお店のひとつです。
球場に併設されたマリナーズのチームショップではお土産も充実zoom
球場に併設されたマリナーズのチームショップではお土産も充実
現在はチケットは当日窓口でも購入可能ですが、対ヤンキースなど、盛り上がる試合では、国境を越えてカナダから試合観戦に来る人も多いので、予定が決められるならあらかじめ予約が安心。日本の旅行会社を通しても申し込めますが、シアトルマリナーズのサイトから 細かな座席位置などを指定して購入することができます。手数料もかからないので、ぜひご自分でトライしてみてください。
Editor:スミタナオコ
大学在学中から海外を旅し、そのまま旅行ガイドブックの編集を仕事に。その後、ライフスタイル紙のライター、編集を経て、現在はウェブサイトのコンテンツ制作などに携わる。趣味はダイビング、ハイキング、キャンプ、ビール造りなど。今年はカヌーを始めたい!
risvel facebook