シェフ&生産者と囲むロング・テーブル・ランチ
期間:2015年8月15日から 2015年8月16日まで
[世界のイベント(リスヴェル編集部)]2015年07月17日公開

エリア:オセアニア  > オーストラリア  > アデレード / ジャンル:グルメ・スイーツ , イベント・フェスティバル , 観光情報・観光局・現地便り

世界有数のワイン産地、バロッサ・バレーのグルメ・ウィークエンドでは、2日間のロング・テーブル・ランチが開催される。ロング・テーブル・ランチは最大参加人数120名、25メートルの長いテーブルをシェフと生産者と囲み、バロッサの食をゆっくり堪能する人気のイベントだ。2015年はシドニーでレストラン「ラ・ローザ」や「ペンドリノ」を経営する有名シェフのニノ・ゾッカリ氏と、農園を営むサスキア・ビア氏がバロッサ・グルメ・ウィークエンド30周年を祝い主催する。サスキア農場で飼育しているバークシャーポーク、ガチョウ、鶏を使ってゾッカリ氏がイタリアン料理を披露するクッキングデモンストレーションの後、ゲストと共にロングテーブルで5コースランチを楽しむ。

ロング・テーブル・ランチ(Long Table Lunch)
開催日:2015年8月15日(土)、16日(日)午前11時〜午後3時
開催地:バロッサ・バレーのThe Farm(マギービアのファームショップ隣)
参加費:120オーストラリアドル
URL:http://saskiabeer.com/barossa-long-table-lunch/

バロッサ・グルメ・ウィークエンドは、食とワインのテイスティング、子供向けのメニューや家族向けのアクティビティ、地元の職人による手工芸品マーケット、ライブ・エンターテイメント、ディガステーション・ディナー、ロング・テーブル・ランチ、少人数のグルメ・イベント、料理講習会、ワインのマスター・クラスなど、食とワインに纏わる楽しいイベントが目白押し。歴史のあるバロッサ・バレー・ワイン産地の豊かな食とワインの文化に触れるよい機会だ。 大規模なワイナリーでの祭典からオーダー・メードの少人数のイベントまで、この週末は老若男女が楽しめるイベントが満載。

バロッサ・バレーは、世界有数のワイン産地のひとつであり、オーストラリア最古のワイン産地のひとつでもある。南オーストラリア州の首都アデレードから約70キロ(車で約1時間半)北東にあり、150カ所ものワイナリーと70カ所以上のワインセラーがある。世界的に有名なのは、シラーズとエデンバレー・リーズリングなどのプレミアムワインだ。半分以上のワインセラーが一般公開されており、多くのワイナリーでは敷地やワイン醸造施設を案内するツアーも行っているので、バロッサの食とワインのトレイルをドライブしたり、自転車でカントリーサイドを巡るもオススメ。

バロッサ・グルメ・ウィークエンド(Barossa ... Be Consumed Gourmet Weekend)
開催日:2015年8月14日(金)〜16日(日)
開催地:バロッサ・バレー
URL:http://barossagourmet.com/

【お問い合わせ】

risvel facebook