旅の扉

  • 【連載コラム】「“鉄分”サプリの旅」
  • 2020年9月7日更新
共同通信社編集局経済部次長・鉄旅オブザイヤー審査員:大塚圭一郎

ウィズコロナ時代の鉄道旅行を募集 鉄旅オブザイヤー、10月16日まで

△JR大村線を走るディーゼル車両キハ66・67=長崎県佐世保市で筆者撮影zoom
△JR大村線を走るディーゼル車両キハ66・67=長崎県佐世保市で筆者撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に留意しながら、ウィズコロナ時代も楽しめる「夢の鉄道旅行プラン」をお待ちしています!旅行会社などでつくる「鉄旅(てつたび)オブザイヤー実行委員会」は、日本一の鉄道旅行を選ぶ賞「鉄旅オブザイヤー」の10年目となる2020年度の募集を始めた。一般個人や団体から鉄道を利用した旅行プランを募る一般部門の締め切りは今年10月16日金曜日で、最高賞「ベストアマチュア賞」を1点選ぶ。

△JR九州の観光列車「或る列車」の前に立つ筆者=佐世保市zoom
△JR九州の観光列車「或る列車」の前に立つ筆者=佐世保市

 ▽審査員に本コラム執筆者も
 21年2月3日水曜日に鉄道博物館(さいたま市)で開く授賞式で発表する。受賞者には賞金5万円と、JR協賛による記念品を進呈する。
 募集するのはJR旅客6社と地元自治体が開催する大型観光企画「デスティネーションキャンペーン」(DC)が21年度に開催される東北地方6県(21年4~9月)、四国4県(10~12月)、京都市(22年1~3月)。ただ、DC開催期間以外のプランを応募するのも可能で、1泊2日以上のプランについては宿泊地域も記す。
 応募者は、「鉄旅オブザイヤー一般部門応募要項」に設けた応募用紙をダウンロードし、メールで応募する。対象は未発表作品に限り、プランが旅行商品化された場合は著作権を放棄し、利益還元はしないのが応募条件となる。
 併せて旅行会社が今年10月までの1年間に実施した企画旅行から最高賞の「グランプリ」などを選ぶ旅行会社部門も9月14日~10月15日に募る。
 実行委員会による一次審査を経て、11人と1団体の外部審査員が採点。審査委員長は「旅と鉄道」名誉編集長の芦原伸・日本旅行作家協会専務理事が務め、審査員は旅行サイト「Risvel(リスヴェル)」の本連載コラム「“鉄分”サプリの旅」を連載し、共同通信と全国の新聞でつくるニュースサイト「47NEWS」などに連載されている鉄道コラム「汐留鉄道倶楽部」執筆者の大塚圭一郎・共同通信社福岡支社編集部次長(10月1日から編集局経済部次長)らが務める。
 また、今回から一般部門の「最終審査員」を導入。いずれも熱心な鉄道ファンとして有名なフリーアナウンサーの久野知美さん、ホリプロの南田裕介マネージャー、お笑い芸人「ダーリンハニー」の吉川正洋さんの3人が務める。

△「鉄旅オブザイヤー」2019年度の授賞式での受賞者と関係者=20年2月6日、さいたま市の鉄道博物館zoom
△「鉄旅オブザイヤー」2019年度の授賞式での受賞者と関係者=20年2月6日、さいたま市の鉄道博物館

 ▽「鉄道旅行のオールスター選」
 鉄旅オブザイヤーは東日本大震災からの復興と、鉄道を活用した旅行需要喚起を目指して11年度に設けられた。JR北海道とJR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州のJR旅客6社全てと、民営鉄道会社でつくる日本民営鉄道協会、旅行業界団体の日本観光振興協会、日本旅行業協会、全国旅行業協会が後援しており、鉄道と旅行の代表的な企業・団体が携わっていることから「鉄道旅行のオールスター選」などと呼ばれる。
 大塚は「優れた鉄道旅行を顕彰し、発展に大きく貢献をしてきた鉄旅オブザイヤーの審査員を13年度から気概を持って務めさせていただいてきました。栄えある10年目の20年度も続投させていただくのはとても光栄で、身の引き締まる思いです」とコメントした。さらに、コロナ禍で困難な状況下でも「鉄旅オブザイヤー」を20年度に開催されたことを「関係者の皆様の決断に敬意を表し、高く評価したい」として意義をこう説明した。
 新型コロナウイルスの感染拡大による制約と、2020年東京オリンピック・パラリンピックの1年延期も響いて20年度は鉄道旅行商品の中止、延期が相次いだものの、大塚は「ウィズコロナ時代に適応させた優れた企画も世に出ており、コロナ禍に直面した旅行業界を盛り立てるけん引役の1つとなるのが鉄道旅行です」と強調。
 「鉄旅オブザイヤー」が東日本大震災からの復興推進で大きな力を発揮として「コロナ禍からの立て直しでも大きな役割が期待されており、関わらせていただく一員として感染拡大防止に留意しながらの旅行業界の巻き返しと鉄道利用の促進、地域活性化に微力ながら貢献できれば幸いです」と意気込んだ。

△19年度のグランプリを受けたツアーの参加者が歩いた北越急行の「赤倉トンネル」=新潟県zoom
△19年度のグランプリを受けたツアーの参加者が歩いた北越急行の「赤倉トンネル」=新潟県

 ▽前年度の受賞作品は
 前年度の19年度は一般部門に50件の応募があり、ベストアマチュア賞には群馬県の名物や歴史、出身人物を札にした「上毛かるた」を学びながら、世界文化遺産の富岡製糸場(富岡市)といった名所を巡る千葉県船橋市の会社員、前芝雄太さんの企画を選んだ。
 旅行会社部門には85件の応募があり、新潟県の第三セクター鉄道、北越急行で定期列車の運転終了後にトンネルを歩くツアーが最高賞のグランプリに輝いた。
詳しくは公式ホームページ、「鉄旅オブザイヤー」まで。
(連載コラム「“鉄分”サプリの旅」の次の旅をどうぞお楽しみに!)

共同通信社編集局経済部次長・鉄旅オブザイヤー審査員:大塚圭一郎
1973年4月東京都杉並区生まれ。国立東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒。1997年4月社団法人(現一般社団法人)共同通信社に記者職で入社。松山支局、大阪支社経済部、本社(東京)の編集局経済部、3年余りのニューヨーク特派員などを経て、2020年10月から現職。外経合同デスクに所属して国際経済のニュースを担当。国内外の運輸・観光分野を中心とする取材と執筆、ラジオ出演なども手掛ける。

 日本一の鉄道旅行を選ぶ賞「鉄旅オブザイヤー」(http://www.tetsutabi-award.net/)の審査員を2013年度から務める。首都圏などで聴ける「FM NACK5」(さいたま市)の番組「アロハ太朗Good Luck! Morning!」(https://www.nack5.co.jp/program/glm795/、月~木曜日午前6~9時)のコーナー「エコノモーニング」(午前7時15分~)の第2、第4月曜日に出演。

共同通信と全国の新聞でつくるニュースサイト「47NEWS」などに掲載の鉄道コラム「汐留鉄道倶楽部」(https://www.47news.jp/culture/leisure/tetsudou)の執筆陣。連載に本コラム「“鉄分”サプリの旅」(https://www.risvel.com/column_list.php?cnid=22)のほか、47NEWSの「鉄道なにコレ!?」(https://www.47news.jp/3930725.html)、2004年5月から続く通信添削大手Z会(静岡県)の週刊メールマガジン「社会をよみとくキーワード」(http://www.zkaiblog.com/zkai04)がある。

共著書に『平成をあるく』(柘植書房新社)、『働く!「これで生きる」50人』(共同通信社)など。カナダ・VIA鉄道の愛好家団体「VIAクラブ日本支部」会員。東京外大の同窓会、一般社団法人東京外語会(https://www.gaigokai.or.jp/)の元理事。
risvel facebook