旅の扉

  • 【連載コラム】coffee x
  • 2018年7月15日更新
アムステルダムカフェより
カフェエッセイスト:安齋 千尋

Coffee x Romantic destination

zoom
When you direct is the only time you get to have the world exactly how you want it.
-Sofia Coppla

2018年七夕、アムステルダム。帰ってきたらいちばんに会いたくて、以前と同じように飛びついて抱きすくめられる人がいない街は、ちょっとトーンが薄いけど、橋の灯りが運河に映るキラキラや、こうしてコーヒーとアップルパイの香りを吸い込むと、舵取りをして前進する元気が出てきてブログを書きたくなりました。世界のどこにいてもカフェにいる時間が好き。

レベルアップした自分になりたいし、人のことを羨ましく思う自分は嫌なので、自分の会社を設立してアムステルダムに帰ってきました。 ほんの少し前までバンコクにいたことが夢のよう、この数ヶ月は必死でようやく先が見えてきたところです。オランダの商工会議所に登録しに行った日は、相変わらずのちょっと遅刻で猛ダッシュ、その先は、おままごとみたいに進んでいます。こんなウェブサイトがいいなぁとか、名刺のフォントや紙を選んで、ビジネスというとお金をもらうことで頭がいっぱいになってしまうけど、メインの仕事は他にあり、ロマンチックな趣味にみんなを巻き込む会社、Comète Traveller を始めます。(www.cometetraveller.com)

Hopelessly Romantic? Yes I am.
People in dreams, ought to call them when you are awake.
zoom
I scream coffee にて

会社のコンセプトやアイディアを考えているカフェ、I scream coffeeは私が今住んでいる街ライデンにあります。大学都市で植物学やシーボルトの記念館があること、また建物の壁に詩が描かれているMuur Gedichten Leidenのプロジェクトで知られています。カフェがある場所はもともと自転車屋さんの倉庫で、駅の前の土地が立ち退きになったため自転車やさんと共有スペースでお店を始めたということ。自分たちで作り上げた感がオランダらしくて良い感じ。コーヒーを入れるいい香り。ドリップではなく、エスプレッソに熱いお湯を注ぐ形のコーヒーは最近のThird waveと違い強くて、それもまた良しです。かっこいいけどVeganの ;)) オーナーが作るアップルパイは、シナモンの他にカルダモンを入れてみたり、ジンジャーの量を変えて見たり、楽しそう。もっと楽しそうなのはアイスクリーム。カフェの前で手作りのアイスを可愛いワゴンで売っています。なんか小さい鈴まで付いてて可愛い‼︎でもこのアイスワゴンよく街で見かけるのです。いいなー可愛いなーなんども見てしまいます。いつかきっとカフェを開くような気がすると自分でも思っているけれど、友人にも似合うよ、と言われ楽しみが増えました。
zoom
Pilates & Pie + Latte

日曜日の朝10:00。I Scream Coffeeのワークショップへ行ってきました。いいお天気、インナーマッスルを感じるツラ気持ちいい健康な朝。先生は背筋の伸びた素敵な人です。終わったらコーヒーとアップルパイ、なんて幸せなのかしら。身体は、自分が思うよりもずっと素直に反応します。ちょっぴり無理をして過ごしていた6月、バンコクから急な環境の変化や、強制送還になるのではないかと心配した滞在許可証の件、わからないことばかり、気持ちは元気なのに蕁麻疹や顔の浮腫みなど身体はムリムリとゆっていました。でも、毎日規則的に生活するように心がけてたら自然と良くなって自転車を買った頃には自分のペースがつかめてきています。健やかでいること、気持ちがすんなりと収まるところを選んで誠実に頑張ろう。母が、強いのは知っているけれど過信はしてはいけない、と念を押してメールをくれました。

挫けそうな時、なんてないけど不安なときが度々あり、まだその過程でもありますが、大切なAntoine de Saint-Exupéryの本から、他人がやり遂げられたことは、自分にも必ずできるはずだ、信じていました。そして強い背筋の伸びた女性でありたいこと、きちんと想いを言葉で伝えられるように、を心に留めています。Oprah Winfreyのスピーチを書き写したダイアリー、母と引いた櫛田神社のおみくじ、タイでお祓いしてもらったブレスレット、もうなんでもいいから信じて頑張っていました。

”In my career, what I’ve always tried my best to do, whether on television or through film, is to say something about how men and women really behave, to say how we experience shame, how we love and how we rage, how we fail, how we retreat, persevere, and how we overcome.

I've interviewed and portrayed people who have withstood some of the ugliest things life can throw at you, but the one quality all of them seem to share is an ability to maintain hope for a brighter morning, even during our darkest nights. So I want all the girls watching here now to know that a new day is on the horizon.’ーOprah Winfrey、speech Golden Globes 2018
zoom
魔女の宅急便からナウシカへ。
8年くらい前のこと、ロンドンにワーキングホリデービザで初めて海外暮らしをしました。英語もままならないけど、とにかく外国で暮らしたいと言い張って、仕事はもちろん見つかりませんでした。そんな時はいちばん好きなことから始めようと、かわいいパン屋さんで働くことにしたのです。パン屋さんは近所の人の日常にあり、同じお客さんが決まった時間に来てくれて、だんだん私のことを覚えてくれることが楽しみでした。大切な友達ができたのもこのパン屋さん。朝のクロワッサンの香りとコーヒーを入れる朝7時、わたしはいつもキキになったみたいと思っていました。

アムステルダムに来て素敵なことがたくさんあって、それはこのブログひとつひとつに書き込まれています。この街が大好き。でも気がついたら5年も経ってちょっと偉そうだったし、何にも向上しないしなぁ、と思っていたら天変地異が起きるような恋におちて、アムステルダムは特別になりました。その恋の終わりに、もう帰ろうと思って東京へ。

東京とバンコクはわたしの中では全く同じで、ショッピングモールも電車ももう知ってるし、水がそのまま飲めないし、なんか違うなと思う日々。でも仕事に恵まれていました。厳しい上司は、仕事とは、をきちんと公平な評価で教えてくれる人でした。目標をクリアすること、プライドを高く持つこと。そして急な辞職にも関わらず ”You are my pride and I am sure you shall do great wherever you are.” とメッセージをくれました。エネルギーに溢れるバンコクで前に進むことを充電して、再びヨーロッパへ。

今度は自分で方向を決めてオランダへ帰って来ました。新しい仕事は、ヘルメットとブーツでElectronic-Wasteと呼ばれるスクラップの山、カシャーンという金属の音、今にも襲いかかってきそうなトラックたちとリサイクルに関わる商社ウーマンです。働きマン。わからないながらもナウシカになったと思うことにして楽しんでいます。
zoom
2018年のダイアリー。8月のPluk de nacht(夏の野外映画祭)までにアムステルダムに帰る、自分のウェブサイトを立ち上げることが目標でした。たくさんの失敗があったけどオランダに帰って来て、はじめに書いたように7月にComète Traveller ができました。ヨーロッパからアジアに戻って感じた閉塞感や短いホリデーのこと、強く自由な旅に出ることをサポートすることがコンセプトです。同時に、私がヨーロッパに来てから好きになった映画のこと、カフェで行われるワークショップ、知ってほしい美しい日本の文化をどうやってビジネスにしたらいいか考えていますが、何かから始めなきゃです。

Cométe は彗星の意味ですが、七夕の日に大切な人へ贈った流れ星のワッペンを見て決めました。また、ロマンチックな映画祭を主催している友人が出版した本の背表紙に捺印された彗星のマークが印象的だったこと、飛行機に乗りたくないから海外へ来ない大好きな父にいつも誇りに思ってもらえるように、私のひとり旅を形にしていきます。

Love never die, Treasure moment will be yours forever, so be strong and proud of yourself.
I Scream Coffee
Leiden駅から5分。Swapfieten=自転車屋さんと共有スペースのカフェ
https://www.facebook.com/Iscreamcoffee/

Muur Gedichten Project 
Leidenの壁に詩を描くプロジェクト
https://www.muurgedichten.nl/nl

Comète Traveller
ブログに掲載している旅先へ私が案内させてください。ロマンチックなシネマナイト、海外がらのコラム執筆をします。応援してください。
https://www.cometetraveller.com
Email: info@cometetraveller.com
カフェエッセイスト:安齋 千尋
Amsterdamに住んでいます。外国で暮らすため、京都で仲居をしながら学んだ日本、Londonでの宝物の出会いがありヨーロッパにきて5年が経ちました。世界中どこにいてもいいカフェに出会うことがとても楽しみです。入った瞬間の香り、音、新聞、いつものバリスタと目が合うこと、私の日々の幸せな瞬間はカフェにあります。
risvel facebook