知らなきゃ損する!税の払い戻しでお得に海外ショッピング!付加価値税の還付手続き方法

海外では外国から訪れる旅行者が買い物をして、所定の手続きを行ったら支払った付加価値税の一部を払い戻す制度を導入している国があります。国によって税率や還付率、ルールが異なりますが、この制度を活用して賢く海外ショッピングを楽しみましょう♪

国別手続き方法はこちら

タックスフリーって何?

多くの国では、旅行者が滞在中に購入した商品を確実に国外に持ち出すことで購入時に支払った付加価値税(VAT/GST)を払い戻すことができる制度があります。
旅行者はタックスフリー制度を導入している国の規約に従って手続きをすれば税が払い戻されます。

すべての国にある制度ではなく、また、すべての購入品が対象となる訳ではありません。例えば、レストランやホテルの宿泊費など現地で消費するものは払い戻すことができません。日本に持ち帰り日本で消費する物に限られます。また、どのお店でもタックスフリーのサービスを提供しているわけでもありません。

つまり、各国が定めた免税対象金額以上の買い物をするなら、タックスフリーサービスを提供しているお店で買った方が税の払い戻しを受けることができるので、支払った税も戻ることを計算するともっと海外ショッピングがお得になるということです!

誰でもどこでもできるの?

商品を購入した国の非居住者、または非長期滞在者は税の支払い義務がないので、定められた手続きをすれば誰でも支払った税を払い戻すことができます。ただし、国によって年齢制限や職業によって対象にならないなど、各国のルールが多少異なるので注意しましょう。

※EU加盟国の場合はEU圏外からの旅行者であることが条件です。

どうやって手続きすればいいの?

  • 税の払い戻しの基本的なステップは3つです。税の払戻サービス会社の最大手である「グローバルブルー」の手続きを紹介します。

    レジで免税書類を発行してもらう

    「TAX FREE SHOPPING」のマークがあるお店で各国が設定する免税対象額以上の買い物をしたら、支払い時にパスポートを提示して免税書類を発行してもらい、レシートと一緒に受け取ります。

  • 税関で免税書類にスタンプを押してもらう

    帰国する時に出国する税関で未使用の購入品、レシート、パスポート、日本までの搭乗券または航空券を提示し、免税書類に輸出承認印を押してもらいます。 

    ここでは免税書類に記載された名前の本人が手続きをしなくてはなりませんので要注意。また、空港や曜日によって混雑する場合があるので時間に余裕を持って手続きをしましょう。

  • 免税書類を提出して払戻しを受け取る

    税関スタンプを受けた免税書類を最寄りの払い戻しカウンターへ提示して申請します。

    申請する期限も国によって異なるのでなるべく早めに提出しましょう。払戻方法は現金、クレジットカード、小切手などから選択して免税書類を提出します。

    グローバルブルーの場合、現金の払い戻しはカウンターのある国の通貨で支払われるので、成田国際空港、関西国際空港の専用カウンターでは、なんとその場で日本円にて払い戻すこともできます!

    (情報・写真提供:グローバルブルー)
タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
魅力新発見!ちょっと贅沢に大人のグアム・ステイ
龍が宿るパワースポット 新しい息吹と共に伝統を継承する圓山大飯店
自然が舞台のワンダーランドパラオ
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook