マレーシアの免税手続き方法

step1STEP 1 免税書類の発行

パビリオンクアラルンプール © Tourism Malaysia
パビリオンクアラルンプール © Tourism Malaysia

マレーシアは、2015年4月1日より消費税(Goods and Service Tax、以下GST)が導入され、外国人に対する免税システム(Tourists Refund Scheme、以下TRS)が設定されました。外国人旅行者はマレーシア国内にある8つの国際空港から出国する際に、TRS登録販売店で購入した対象商品に対してGST還付の請求することが可能です。

「TRS」のロゴが表示されたTRS登録販売店で、同じ店舗でGSTを含む合計額300リンギット以上のお買い物をし、購入後3ヶ月以内に指定された8つの空港からマレーシア出国時にGSTの払戻請求ができます。

TRS登録販売店で1日に300リンギット以上の買い物をしたらパスポートを提示して、購入した商品のTax Invoice原本または領収書、TRS払戻請求用紙(原本)を受け取ります。この時に、TRS払戻請求用紙に記載されている印字内容に誤りがあると税関で認証してもらえない可能性があるので必ず確認しましょう!

GST税率: 6%
免税対象額: 300リンギット(MYR)
税関印受領期限: 購入月末日から2ヶ月以内
払戻期限: 購入日から3ヶ月以内
必要な税関印: マレーシアの税関

免税対象外の製品:
・ ワイン、スピリッツ、ビール、麦芽酒
・ タバコとタバコ製品
・ 貴金属や宝石
・ 購入後、全てあるいは部分的にマレーシア国内で消費された物品
※衣類で税付請求書が付いている場合を除く
・ 法律上、輸出が禁止されている製品
・ 機内持ち込み手荷物もしくは機内預け荷物でマレーシア国外へ持ち出されない製品

GSTの免税条件
・ マレーシアの国籍や永住権を所有せず有効な国際パスポートを保持している外国人
・ 対象商品の購入日にから遡り、過去 3ヶ月にマレーシアで雇用されていない外国人
・ マレーシア国内にある 8 つの国際空港から空路でマレーシアを出国する外国人
・ マレーシアを出国する航空会社の乗務員ではない外国人
・ マレーシア出国日の3ヶ月以内に購入した物

8つの国際空港とは
クアラルンプール国際空港(KLIA)、ペナン国際空港、ランカウイ国際空港、コタキナバル国際空港、クチン国際空港、セナイ国際空港(ジョホールバル)、スバンン国際空港(クアラルンプール)、 マラッカ国際空港

TRS登録販売店とは
TRS登録販売店は、マレーシア税関(RMCD)によって承認され、外国人観光客への 6%の消費税を含んだ商品を販売する小売業者です。TRS 登録販売店には、免税代理店によって提供されたTRS のロゴ若しくは看板が表示されています。

*ご注意:免税ルールや手続き方法などは予告なく変更される場合があります。リスヴェル編集部では、払戻し手続き方法の内容について万全を期しておりますが、変更に伴い発生した諸問題、また利用者や第三者が被った損害は一切の責任を負いません。

(2016年5月8日現在)

タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
魅力新発見!ちょっと贅沢に大人のグアム・ステイ
龍が宿るパワースポット 新しい息吹と共に伝統を継承する圓山大飯店
自然が舞台のワンダーランドパラオ
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook