2015年06月26日公開
ニュージーランド航空、8月10日より 成田-オークランド線全便をボーイング787-9型機で運航
このニュースをクリップ
期間:2015年6月26日から
[ニュージーランド航空]

エリア:オセアニア  > ニュージーランド / ジャンル:航空会社 , サービス・商品情報 , 

ニュージーランド航空は、2015年8月10日より成田-オークランド線の全便(週7便)に、ボーイング787−9型機を導入します。これまでボーイング767-300型機で運航していた便を含め、週7便を全てボーイング787-9型機で運航することにより、座席供給数が一便あたり約70席増加、月間では3.9%*増加します。

ニュージーランド航空の日本・韓国・東南アジア地区支社長スコット・カーは、今回のボーイング787-9型機導入について、以下のようにコメントしています。

「8月の予約数はすでに対昨年比17%増で推移しており、ニュージーランドへの旅行需要の高まりや、お客様やお取引先からの支持が得られていることを示しています。今回の供給増で、市場の更なる活性化を狙います」

「ニュージーランド航空のボーイング787-9 型機では、お客様に最新の機内設備をお楽しみいただけます。『ビジネス・プレミア』では形状記憶マットレスを使用した高級レザー製シートを、フルフラットでお使いいただけ、『プレミアム・エコノミー』では准ビジネスとも言うべきシートにより、のびのびと寛げる空間をお楽しみいただけます。『エコノミー』キャビンの人気の『スカイカウチ』シートは、シート 3 席を一つにつなげ 1 席の平らなソファーに変えて使用することができます」

「私たちは、お客様が機内に一歩踏み入れた瞬間から、ニュージーランドにいるような気分を味わっていただけることをめざしています。機内では、ニュージーランド式の温かくフレンドリーなおもてなしや、革新的なお食事、ニュージーランド産の上質なワインをお楽しみいただき、ニュージーランドに到着する前から、本場の雰囲気を味わっていただけることでしょう」

ニュージーランド航空は、2014年7月にB787-9型ドリームライナーの初号機を受領したローンチ・カスタマーであり、同年12月より成田-オークランド線で同機の運航を開始しています。また、2015年12月より2016年3月までの繁忙期には、成田-オークランド線を週10便に増便する予定です。ニュージーランド航空は、今後もあらゆるお客様に一貫して心地よい空の旅を提供いたします。

* 2014年8月との比較。


【ニュージーランド航空について】
ニュージーランド航空は、1940年に設立された国際航空会社です。ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平洋を含む16ヶ国53都市へ直行便を運航し、スターアライアンスに加盟しています。日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社でもあります。ニュージーランド国内は玄関口のオークランドを中心に25都市を結び、また、全日空とのコードシェア便により、日本各地からの乗り継ぎも便利です。同社は、AirlineRatings.comの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に2014年、2015年の2年連続で選ばれるなど、毎年数々の賞を受賞しており、安全性、定時性、サービスのクオリティ、環境への配慮など様々な面で高い評価を受けています。

公式ホームページ:http://www.airnewzealand.jp
Facebook:http://www.facebook.com/AirNZJP

【お問い合わせ】

タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
魅力新発見!ちょっと贅沢に大人のグアム・ステイ
龍が宿るパワースポット 新しい息吹と共に伝統を継承する圓山大飯店
自然が舞台のワンダーランドパラオ
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook