2015年02月 3日公開
ウィーンのミツバチとハチミツ
このニュースをクリップ
期間:指定なし
[リスヴェル編集部]

エリア:ヨーロッパ  > オーストリア  > ウィーン / ジャンル:観光情報・観光局・現地便り , グルメ・スイーツ , ショッピング・お土産

ウィーンが緑豊かな都市であることは良く知られている。しかし、夏のウィーンで2億匹以上のミツバチが活動していると聞けばちょっと驚くかもしれないが、大都市のウィーンはミツバチにとって良好な生息環境を提供しているようだ。確かに、大都市の東京でも「銀座ミツバチプロジェクト」と称して、2006年から銀座のビルの屋上で養蜂を始め、採れたハチミツを「銀座のはちみつ」として商品化していることからも、都会とミツバチの関係もさまざまだ。

ウィーンがミツバチにとって極めて快適な都市と言える理由として、数多くの公園や庭園、道路のグリーンベルト、家屋のバルコニー、緑化された屋上など、多様な植物が繁茂し、木々や草に次々と変化に富んだ花々が咲き、恒常的に食料を提供しているからだそうだ。さらに、市街地は農村部よりも暖かい時期が長く、殺虫剤もほとんど使用されないのも理由のひとつ。こうした背景から、ウィーンには約5,300に上るミツバチの集団が生息し、600人もの養蜂家が世話をしている。最近では「都市養蜂協会」も設立され、都市に生息するミツバチ集団を配慮し、巣箱の設置場所を確保・管理している。

ウィーン育ちのミツバチは、しばしばウィーンの著名な建物にも住んでいる。さて、どこに住んでいるのでしょうか?オペラ座?ブルク劇場?

ウィーンには蜂蜜専門店がある。「ヴァルト・ウント・ヴィーゼ(森と草原)」は市内に3店あり、蜂蜜、プロポリス製品、蜂蜜グミ、蜜蝋のロウソクなどを取り扱う。オペラ座で採集される蜂蜜は、オペラ座のビュッフェ、旧帝室御用達菓子店ゲルストナー、スーヴェニールショップ・アルカディアで販売される。養蜂場「ウィーナー・ホーニヒ」も品質の高い製品を揃える。ウィーン19区にある小規模経営の養蜂場では、持続可能な手法で蜂蜜が採集され、クリーミーな蜂蜜やスパイシーな蜂蜜、プロポリス製品、手製石鹸などを作っている。

情報提供: ウイーン市観光局

【お問い合わせ】

タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
魅力新発見!ちょっと贅沢に大人のグアム・ステイ
龍が宿るパワースポット 新しい息吹と共に伝統を継承する圓山大飯店
自然が舞台のワンダーランドパラオ
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook