2015年04月 1日公開
『カナディアン・チューリップフェスティバル』が今年もオタワで開催
このニュースをクリップ
期間:指定なし
[カナダ・オンタリオ州観光局]

エリア:カナダ・アラスカ  > カナダ  > オタワ / ジャンル:イベント・フェスティバル , 観光情報・観光局・現地便り , 自然

オランダとの親交の証しから70年、100万株ものチューリップがオタワ市内を彩る
『カナディアン・チューリップフェスティバル』が今年もオタワで開催

カナダの首都オタワで毎年100万株ものチューリップが街中を彩る『カナディアン・チューリップフェスティバル』が、本年も5月8日~18日にかけて開催されます。同フェスティバル中は、オタワ市内7か所の会場にてさまざまな種類のチューリップが咲き乱れます。

特に見ごたえがあるのは、メイジャーズ・ヒル公園やジャック・カルティエ公園、コミッショナーズ公園などで、ダウンタウンと会場を結ぶ有料シャトルバスの運行も予定しています。開催中は、ライブミュージックや大道芸などのパフォーマンスや、週末の夜には花火の打ち上げも予定されており、お祭りムード満載の雰囲気の中、春の訪れを祝います。

チューリップといえばオランダが有名ですが、オタワのチューリップもオランダに起因しており、その歴史は、第二時世界大戦中に遡ります。オタワに避難していたオランダ王室一家の危機をカナダ政府が救ったことにより、戦後オランダに帰国した王室一家から感謝の意としてチューリップの球根が10万株送られたことに始まり、以来、オランダからオタワへ毎年チューリップの球根が両国の親交のしるしとして寄贈されています。同フェスティバルは1953年に初めて開催しており、現在では毎年50万人以上もの観光客が国内外から訪れる春の人気のイベントとなっています。
 
オタワは人口約90万人を有するカナダの首都で、トロントからは空路にて約1時間、陸路にて約4時間の距離に位置しています。国会議事堂をはじめ、国の中枢を担う施設の他、多数の博物館や美術館が点在しており、世界遺産に登録されているリドー運河は、夏場はボートが行き交い、冬場には世界一長い野外スケートリンクとして楽しめる市民の憩いの場となっています。オタワ川と運河を結ぶ連続する水門横にあるバイタウン博物館では、運河創設とオタワの歴史を日本語オーディオセットを通じて見学する事ができ、市民の台所バイワード・マーケットはフレッシュな野菜や果物、メープルシロップを売る屋台が並んでいる他、さまざまな国籍のレストランやカフェをはじめ、クラフトのお店もある市民から観光客まで人気のエリアです。緑が多く、豊富な水資源を有するオタワは、ロングステイにも人気のデスティネーションです。

カナディアン・チューリップフェスティバル 公式ページ:http://tulipfestival.ca/

【お問い合わせ】

タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
魅力新発見!ちょっと贅沢に大人のグアム・ステイ
龍が宿るパワースポット 新しい息吹と共に伝統を継承する圓山大飯店
自然が舞台のワンダーランドパラオ
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook