旅の扉

  • 【連載コラム】【厳選旅情報】編集部がみつけた、旅をちょっぴり豊かにするヒント
  • 2017年8月14日更新
リスヴェル旅コラム
Editor:リスヴェル編集部

銀座でステイケーション② 夜はラグジュアリーな食事を楽しむ

木とスチールの異素材同士を組み合わせたモダンなPeterバーzoom
木とスチールの異素材同士を組み合わせたモダンなPeterバー
遠出する国内旅行や海外旅行とは異なり、自宅近くの宿泊施設に滞在して非日常を楽しむ新しい旅のスタイル、最近海外で人気を集める「ステイケーション」の魅力を紹介します。

ステイケーションとは、滞在を意味する“Stay”と休暇を意味する“Vacation”を組み合わせたアメリカ発の造語。遠出をする旅行とは異なり、自宅近郊の宿泊施設に1〜2泊滞在して、バケーションを楽しむことを言います。最近海外では人気を集める旅行形態ですが、日本ではまだあまり浸透していません。そこで、ステイケーションとはどんな感じなのか、RISVEL編集部から程近い都内の素敵なホテル「ザ・ペニンシュラ東京」で1泊2日のステイケーションを体験してみました。
素敵なバーテンダーがサーブしてくれたPeterバーのシグネチャーカクテル「東京ジョー」zoom
素敵なバーテンダーがサーブしてくれたPeterバーのシグネチャーカクテル「東京ジョー」
ザ・ペニンシュラ東京で過ごすステイケーション。
自宅に帰らない都会の夜は眠くなるまでたっぷり時間があります。
旅費がかからない分、豪華な食事を楽しめるのもステイケーションならではの魅力で、日頃がんばっている自分へのご褒美。

プールサイドでのんびりした後は、ちょっとオシャレにドレスアップして24階の「Peterバー」へ。
Peterバーでは、毎日夕方5時から夜8時までハッピーアワーの時間が設けられていて、カクテルやグラスワインなどのドリンク類、ナチョスやフライドポテトなどの軽食が、なんとすべて800円(税サ別)でいただけるのです!

Peterバーとバーに併設されたステーキ&グリルレストラン「Peter」は宿泊客以外のゲストも利用できるため、1階からPeter直通の専用エレベーターを利用します。エレベーターを降りると、ビックリするほどそこはまるで別世界。和を意識したホテルの雰囲気とは異なり、有機質である植物を無機質に演出したオブジェと照明の効果が独創的なコンテンポラリーな空間を演出しています。
Peterバーで人気のカクテルと料理zoom
Peterバーで人気のカクテルと料理
多くの外国人やビジネスマンで賑わうPeterバー。
最初の1杯は “東京ジョー”。往年の米国人俳優ハンフリー・ボガート主演の映画「東京ジョー」(1949年公開)にちなみ、ザ・ペニンシュラ東京が創作したシグネチャーカクテルです。「東京ジョー」という映画は観たことがないのですが、第2次世界大戦前後に銀座にあったバーが舞台で、ザ・ペニンシュラ東京が位置する日比谷交差点も登場するそうです。

ハンフリー・ボガートが一番好んだと言われるお酒のドランブイ、梅酒、ボンベイサファイアに、クランベリージュースとレモンジュースをブレンドしたカクテルで、梅酒の甘酸っぱさとクランベリーやレモンの酸味が融合した爽やかな味わい。ザ・ペニンシュラ東京のロビーにある天井をモチーフにしたという特注グラスに注がれたルビー色のカクテルは見た目もキレイ!馴染みのある日比谷を見渡しながら飲むカクテルの味は、ちょっといつもと違う気分にさせてくれます。これもステイケーションならではの感覚かしら!?

Peterバーでは、ハッピーアワーの軽食メニューとは別に、ハンバーガーやフィッシュ&チップスなどの通常のバーメニューも楽しめます。オススメは写真左から「トマト 茄子 フロマージュブランのブルスケッタ」(2,000円)「季節の野菜の盛り合わせ 豆腐のディップとアボカド山葵ディップ」(2,300円)「Peterバーガー黒ビールバンズとアイリッシュポーターチーズ」(3,000円)。
異次元の世界に迷い込むようなPeterのエントランスzoom
異次元の世界に迷い込むようなPeterのエントランス
ステイケーションは、一歩外に出れば日常に戻ってしまいます。
だから、夕食はラグジュアリーホテル内で...。

ザ・ペニンシュラ東京には、本格的な広東料理を楽しめる中国料理「ヘイフンテラス」、ロマンチックな雰囲気も楽しめるステーキ&グリル「Peter」、ペニンシュラらしい空間が特徴の「ザ・ロビー」、和食なら「京都 つる家」(テナント)などのダイニングがあります。今夜は気分も高まっているので、綺麗な東京の夜景が楽しめるPeterで食事を堪能することにしました。

今宵は、このままホテルに泊まると思うと、普段外食で来ているのとは気分が全然違います。
Peterのレストラン内の照明は暗めの設定で、テーブル配置も広々としているので、周囲を気にすることなく寛げる落ちついた空間です。大きな窓の外は、皇居外苑に建つオフィスビルの夜景でキラキラ。見慣れた東京の夜景だけど、今夜は旅行者目線だから、ちょっといつもと違う気がして、不思議と落ち着いた気分にさせてくれます。
今夜は東京の夜景にシャンパンがよく合うzoom
今夜は東京の夜景にシャンパンがよく合う
さてさて、何を食べようかとメニューをじっくり見ながら考えた結果、3品と4品のコース料理もあるけれど、国内外のゲストに人気ある料理をアラカルトで注文することにしました。

先ずはシャンパンで今宵のステイケーションに乾杯!
想像以上に時の流れがゆっくりで、チェックインをしてまだ4時間ほどしかたっていないのに、充実した滞在に大満足。

東京の夜景を見ながら想いに耽っていると、じっくりと寝かせて発酵させた自家製のパンと青海苔をかけたボルディエバターが登場。このパンとバターの組み合わせは絶品!これを目当てに来客する人もいるという人気の「ケールのシーザーサラダ」は、ケールの苦みが抜かれており、36ヶ月熟成したパルメザンチーズとベーコンの相性がよく、バルサミコを利かせた印象に残るサラダでした。そして、外国人にも好評という「鮪中トロのカルパッチョ」は、鮪のカルパッチョにアボカド山葵マヨネーズ、ガリ、シソの花などが並んだ美しいひと皿で、別にいただいた焼き海苔に包んでいただきます。

料理もサービスも大満足なPeterでのディナーzoom
料理もサービスも大満足なPeterでのディナー
メインのお肉はセレクションが多すぎてかなり迷います。
そこで女性に人気という3種類のお肉が50gずつ楽しめる「国産牛 グリルテイスティング」と「アメリカ産プライムグレインフェッド牛リブアイ250g」をチョイス。ソースは6種類のソースから選べるのですが、さっぱり食べたいなら「醬油と山葵」や「大分県産かぼすと柚子胡椒」、「ポン酢と大根おろし」がオススメ。個人的には「赤ワインソース」が好き。

デザートは季節の果物を使ったその時のオススメが用意されています。
今回は夏なので「山梨県産白桃のタルト バニラアイスクリーム ラズベリーソース」をいただきました。

外国人も多く利用するというPeterは、様々な言語が聞こえてくる国際色豊かなレストラン。もはや日本にいるのか香港にいるのかニューヨークにいるのか、分からなくなる錯覚がします。ここPeterではワインのセレクションも豊富。厳選された美味しいワインを楽しみたいなら、料理に合わせてペアリングしていただくのがオススメです!

それにしても、不思議。
何度も見たことのある東京の夜景が、なぜか美しく感じる。
満員電車に乗って帰らないでよいのかと思うと、気が楽になるのでしょうね。

お部屋に戻り、バスタブに熱めのお湯をはり、スパモードを設定。
照明が落ちて優しい音色のヒーリングミュージックが流れてきます。
あ〜っ、ず〜とバスタブに浸かっていたい。本当にスパにいるかのように癒されます!

チェックインして約8時間。
ステイケーションって不思議。ホテルの中だけで過ごしているのに、気分はどこか知らない遠いところへ旅行に訪れているかのようです。今夜は決してテレビのスイッチを入れないことにしました。だって、この非日常の時間を壊したくないから。


取材協力:ザ・ペニンシュラ東京

関連記事:
海外で人気の「ステイケーション」身近で非日常を体験する理由!?
ザ・ペニンシュラ東京 開業10周年記念 プレゼントキャンペーン
ザ・ペニンシュラ東京「10周年記念オンライン特別宿泊プラン」
Editor:リスヴェル編集部
リスヴェル編集部がみつけた、いつもの旅をちょっと豊かにする厳選情報をお届けします。
タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ