旅の扉

  • 【連載コラム】オススメ情報を編集部がピックアップ!
  • 2017年8月14日更新
リスヴェル編集部トピックス
Editor:リスヴェル編集部

教わって作って食べる、あっという間の3時間 「行ってきました。エドモントン・フードツアー①」

zoom
アルバータ州の州都・エドモントンでは、「エドモントン・フードツアー」なるものに参加してきました。地元のレストランでお料理レッスンのデモンストレーションを受けたり、週末のマーケットを解説付きで巡ったり、試食したりと、盛りだくさんの3時間。エドモントンの食について多くのことを教わることができる、とっても有意義なひとときです。カナダ旅行記の第4回と第5回は、この「エドモントン・フードツアー」について紹介したいと思います。

食にまつわる冒険をしながら、わくわく街歩き!

「エドモントン・フードツアー」(https://www.edmontonfoodtours.com/)は、「アルバータ・フード・ツアーズ」という会社が行っているツアーの一環。食にまつわる冒険をしながら街歩きというユニークな体験ができるので、外国人観光客からも人気を集めています。「エドモントン・フードツアー」の中でもいくつかのコースがあるのですが、今回私は、週末のマーケットを散策する「104 Street Fest」(https://www.edmontonfoodtours.com/tour/104-street-feast/)に参加してきました。
zoom
まず訪れたのは、「Kitchen by Brad」(http://kitchenbybrad.ca/)というレストラン。オーナーシェフのBrad Smoliakさん自らが、お料理レッスンのデモンストレーションを繰り広げます。ツアーに参加した人も、餃子のような見た目の「Perogies(ピローギ)」作りにトライ! 実はこれ、ウクライナ料理なのです。
zoom
一緒のツアーに参加していた中国人の女性が「Perogies」作りにチャレンジしました。さすがは餃子の国、手慣れた様子にBradさんも感心していました。
zoom
「なぜカナダでウクライナ料理?」と思う方がいるかもしれません。実は、アルバータ州にはウクライナ本国以外で最も多くのウクライナ人が暮らしています(※移民の歴史については別の記事で紹介します)。
レッドビートなど、アルバータ州の特産品にウクライナ料理で使われている野菜が多いのは、そんな理由もあってのことです。
zoom
「Perogies」のほかにも、チーズが入ったミニクレープ「Nalysknky」やマッシュルームがたっぷり入ったウクライナ流グレービーソース、スプーンですくって食べるコーンミールのパン「Nanchkya」、ウクライナ流のガーリックソーセージ「Kielbasa」など、日本ではなかなか食べることのできないお料理の数々をいただき大満足でした!
うっかり満腹になりそうな状態ですが、これはほんの1コマ。さぁ、いよいよマーケット散策へ出発です。


text & photo by 河辺さや香

取材協力:
カナダ観光局 http://jp-keepexploring.canada.travel
カナダシアター https://www.canada.jp
Editor:リスヴェル編集部
リスヴェル編集部では、各国観光局や旅行関連企業のニュースリリースやプレスルームからの情報を中心に、旅先で見つけたちょっとした面白いモノ、意外と知らないホテルの中の興味深い事、ビジネスで特定の国に行く人の話など、ちょっと変わった切り口で情報を提供して参ります。
タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ