2015年05月28日公開
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ、タパ・タワー会議施設の改修工事が終了
このニュースをクリップ
期間:2015年4月10日から
[ヒルトン・ハワイ]

エリア:ハワイ  > ハワイ州(米国)  > オアフ島 / ジャンル:ホテル・宿泊施設 , 

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートは、 タパ・タワー会議施設の改修工事が完了したことを発表しました。 ヒルトン・ハワイアン・ビレッジは、 タパ宴会場、 パレス・ラウンジ、 ホノルルスイート、 ロラニスイートを含むタパ・タワー会議施設の改修工事に700万ドル(約8億4,000万円)を費やし、 4月10日に完成した新生宴会場(約1,536m2 )は、 ハワイのタパ模様(またはカパ模様)に触発され再設計し、 地元のアーティストによる色彩、 生地、 パターン、 イメージ、 アートワークで表現しています。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのトレイシー・ウォーカー総支配人は、 「企業や団体利用に適した最大規模の会議施設と客室数を誇るハワイの独立したリゾート施設として、 22エーカーの美しい自然と屋内施設を維持することは重要なことです。 我々は、 企業や団体のグループが有意義な会議や祝宴をおこなうために、 ハワイを強く感じる場所として感じてもらうことを目標にしています。 」と述べています。

室内装飾は、 ホノルルに基盤を置く「パシフィック・アジア・デザイン・グループ」が担当し、 ハワイの文化芸術様式と現代的な環境の間でのバランスを反映しています。 設計チームは、 ハワイ州最大の博物館であり、 かつ太平洋地域における最初の自然と文化の歴史を司る公共機関「ビショップ博物館」で広範囲に及ぶ調査を実施し、 伝統的なタパの模様や色を正確に表現するために、 伝統的なタパについて地元の専門家と共に作業を行いました。

ハワイの才能あるアーティスト、 ゲオルグ・ジェームズとジョン・ディンスモアに依頼された大きなタパ風の3次元レリーフ彫刻は、 この場所の新たな注目を集めるものとなるでしょう。 コアの木枠に入ったタパの不織布のコレクションを含め芸術作品をサポートすることは、 宴会場全体を通して行われています。

タパの模様もまた、 温かい茶色、 グレー、 赤茶色のアクセントを含め、 ハワイ先住民が色付けに使用した色を思わせる自然な色調を取り入れた新しいカーペットの着想にもなっています。 印象的な宴会場のシャンデリアを含む新しい照明は、 より自然光に近い明るさを採用しています。 照明器具を囲う有機的格子状の模様は自然な落ち着いた色合いで、 エレベーターロビーやパレス・ラウンジの至る所に取り入れています。 自然な縁取りの木製テーブル、 ココナッツの花瓶、 有機織り生地、 自然な金属、 木製仕上げなどを含むこれらの目立つ特徴は、 古代ハワイのものを想起させます。 また、 ベンチ式座席全体は、 樹皮布にするためのタパを叩く棒を連想させるタパの彫刻を再現しています。

【お問い合わせ】

タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
魅力新発見!ちょっと贅沢に大人のグアム・ステイ
龍が宿るパワースポット 新しい息吹と共に伝統を継承する圓山大飯店
自然が舞台のワンダーランドパラオ
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook