旅の扉

  • 【連載コラム】【厳選旅情報】編集部がみつけた、旅をちょっぴり豊かにするヒント
  • 2017年8月14日更新
リスヴェル旅コラム
Editor:リスヴェル編集部

銀座でステイケーション④ 締めくくりはスパで磨く

和の要素を取り入れたザ・ペニンシュラ スパzoom
和の要素を取り入れたザ・ペニンシュラ スパ
遠出する国内旅行や海外旅行とは異なり、自宅近くの宿泊施設に滞在して非日常を楽しむ新しい旅のスタイル、最近海外で人気を集める「ステイケーション」の魅力を紹介します。

ステイケーションとは、滞在を意味する“Stay”と休暇を意味する“Vacation”を組み合わせたアメリカ発の造語。遠出をする旅行とは異なり、自宅近郊の宿泊施設に1〜2泊滞在して、バケーションを楽しむことを言います。最近海外では人気を集める旅行形態ですが、日本ではまだあまり浸透していません。そこで、ステイケーションとはどんな感じなのか、RISVEL編集部から程近い都内の素敵なホテル「ザ・ペニンシュラ東京」で1泊2日のステイケーションを体験してみました。
上:シャワーやサウナを備えたサーマルスイート、左下:リラクゼーションルーム、右下:ザ・ペニンシュラ スパのオリジナルジュースzoom
上:シャワーやサウナを備えたサーマルスイート、左下:リラクゼーションルーム、右下:ザ・ペニンシュラ スパのオリジナルジュース
1泊2日のステイケーションをフルに楽しむためには、正午12時にチェックアウトした午後の時間も活用しないともったいない!チェックアウトしたら荷物をベルに預けて、ザ・ペニンシュラ スパでステイケーションを締めくくります。

今回は、明日から始まる日常の仕事に備えて足元を軽くしようと思います。日本ではここでしか受けられないポディアトリスト(足医学専門家)のバスティアン ゴンザレス氏監修のフットケアトリートメントを受けることに。ポディアトリストとは、外反母趾、タコ、魚の目、巻き爪などの足や爪の専門的なケアをはじめ、その痛みにも対処する足医学専門家のこと。昨年日本に初上陸した医学と美容を融合したフットケアトリートメントは、世界13ヵ国の厳選されたホテルやスパスタジオで受けられるのですが、各国のセレブリティでどこも予約が困難と有名なのです!ちなみに東京も早めの予約を。
「ぺディ:マニィ:キュア スタジオ バイ バスティアン ゴンザレス」のトリートメントで使用する器具類zoom
「ぺディ:マニィ:キュア スタジオ バイ バスティアン ゴンザレス」のトリートメントで使用する器具類
6階にあるスパには、サーマルスイート(シャワーやサウナ、アイスファウンテンなど)、リラクゼーションルームなどが備えられておりスパのゲストが利用できます。ここでも非日常体験は続きます!
普通のトリートメントなら1時間ほど前にスパへチェックインし、サーマルスイートで体をほぐしたりすると良いのですが、今回受けるフットケアは足が濡れていない方がよいということで、特別に施術後に施設を利用することに。

担当してくれたのはフランスから来日したポディアトリストのブノア ペリエ氏。
フランスにおけるポデイアトリストの位置づけやフットケアの大切さを教えてくれました。
ペリエ氏いわく、靴を長時間履き続けている現代人は、誰しもが足のトラブルを抱えていると言います。顔は毎日洗って保湿ケアしているのに、足は靴を履き、日々酷使されているのにあまりケアされていません。納得!確かにそうです。
現在日本で唯一のポディアトリスト、ブノア ペリエ氏zoom
現在日本で唯一のポディアトリスト、ブノア ペリエ氏
トリートメントルームに入ると、ペリエ氏が滅菌袋から医療器具のようなものを出して並べています。手術で使うようなメスのようなものあり、まるで歯科医のようです。
一見怖い感じですが、施術が始まると、一度も痛いと感じることはなく、みるみる磨かれていきました。
バスティアン フットケア トリートメントzoom
バスティアン フットケア トリートメント
トリートメントの流れ
「バスティアン フットケア トリートメント」は、足の爪を艶やかに磨くトリートメントです。爪を切り、ガラス製の爪やすりで丁寧に爪を整え、機械で爪の表面を平らに研磨し、不要な甘皮をとります。マザーオブパール入りのクリームとセーム革で磨くと、爪の血色が良くなり美しいピンク色の爪になります。そして足裏などの角質などを器具で丁寧にケアし、研磨機で表面を整えて仕上げます。その後、水をベースにタイムやラベンダーなどのエッセンシャルオイルを含むクリームでスキントリートメントを行います。肌に水分がたっぷり浸透し、オイルが肌に蓋をして保湿します。最後に、つま先から膝までのマッサージで筋肉の緊張を解きほぐします。

光沢のない白かった爪。ペディキュアでもしないと恥ずかしかった生爪が、艶やかなピンク色の爪に蘇りました。爪に何も塗っていないのに、つるっと滑らかで健康的な血色に。これには感動で涙!!!
足裏の魚の目もタコも消え、足裏もふんわり。
本当に自分の足ではないようです。

ステイケーションの締めくくりにこのフットケアを選んで正解でした。
明日からフットワークが軽くなること、間違いありません。
銀座でステイケーションするならザ・ペニンシュラ東京!zoom
銀座でステイケーションするならザ・ペニンシュラ東京!
今回のステイケーション取材に協力していただいたザ・ペニンシュラ東京は、世界10都市にあるラグジュアリーホテルですが、ホテルが所在する国の文化を尊重し取り入れる経営方針のため、デザインコンセプトも各国で異なるそうです。東京は「ペニンシュラスタンダードと日本文化の融合」をコンセプトにデザインされていますが、世界にあと9軒のペニンシュラホテルズがどのようなデザインコンセプトなのか、とても興味深いです。

1泊2日のステイケーション。
時間にすればたったの24時間なのですが、心身共に素敵な時間を過ごすことができました。
もし遠方だったら移動でもっと疲れていたかもしれません。

有休をなかなか消費できない人、長期に休みが取れない人、様々な理由で旅行を諦めている人、ひとりの時間を過ごしたい人、家族や友人と過ごしたい人、カップルの記念日など、地元で非日常を実感できるラグジュアリーホテルならではのステイケーションを体験してみませんか?
想像以上に、ステイケーションは、特別な時間と今までに味わったことのない感覚で、心身共に穏やかな気持ちにさせてくれます。

ザ・ペニンシュラ スパ(営業時間:10:00-22:00)
バスティアン フットケア トリートメント70分 
通常料金22,500円、平日料金18,000円(税サ込み)
予約:03-6270-2299
e-mail:spaptk@peninshula.com
http://www.peninsula.com/tokyospa/jp

取材協力:ザ・ペニンシュラ東京

関連記事:
海外で人気の「ステイケーション」身近で非日常を体験する理由!?
ザ・ペニンシュラ東京 開業10周年記念 プレゼントキャンペーン
ザ・ペニンシュラ東京「10周年記念オンライン特別宿泊プラン」
Editor:リスヴェル編集部
リスヴェル編集部がみつけた、いつもの旅をちょっと豊かにする厳選情報をお届けします。
タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ