旅の扉

  • 【連載コラム】オススメ情報を編集部がピックアップ!
  • 2016年11月2日更新
リスヴェル編集部トピックス
Editor:リスヴェル編集部

ハワイの美しいビーチとヨットハーバーを望む編集部一押しのコンドミニアム・ホテル

この素晴らしい景色はイリカイ・ホテル&ラグジュアリー・スイーツの魅力!zoom
この素晴らしい景色はイリカイ・ホテル&ラグジュアリー・スイーツの魅力!
今回のハワイの滞在先は、ワイキキの玄関口に建つオーシャンフロントのコンドミニアム「イリカイ・ホテル&ラグジュアリー・スイーツ」。イリカイ・ホテル&ラグジュアリー・スイーツに滞在することを決定的にしたのが、開放感のある大きな窓とベランダから広がるヨットハーバーの景色の美しさに誘われたことだった。

落ち着いた雰囲気のロビーとプールzoom
落ち着いた雰囲気のロビーとプール
チェックインを済ませた後、ロビーからエレベーターに乗る際、アロハシャツとムームーを着てレイをかけた熟年のご夫婦と一緒になった。白いジンジャーレイのほのかに甘い香りがエレベーター中に広がり、南国ハワイに着いたことを実感させる。24階までのエレベーターはとてもスムーズで、昨年に完全リニューアルしたこともあり、フロアのカーペットもふかふか。部屋へ向かう途中、ハウスキーパーの優しい笑顔が再びハワイにいることを実感させる。
こんなに広くて景色の素晴らしいコンドミニアムに泊まると、もうどこにも泊まれないzoom
こんなに広くて景色の素晴らしいコンドミニアムに泊まると、もうどこにも泊まれない
イリカイ・ホテル&ラグジュアリー・スイーツは、建物全体のコンドミニアムの中でも22階から25階までの高層階フロアと、2階の2ベッドルームを含めた全室スイートの客室のことで、2015年に最新設備とフルキッチンを備えたラグジュアリーなコンドミニアムに生まれ変わった。

部屋に一歩足を踏み入れると、先ず部屋の広さに驚かされる。モダンでシンプルなハワイを基調としたデザインが施された客室は、これまでの狭いホテル滞在とは異なり、6日間の滞在を完璧なまでに快適に過ごす事ができた。
白を基調とした使い勝手の良いキッチンやバスルーム(左下:アバプヒ)zoom
白を基調とした使い勝手の良いキッチンやバスルーム(左下:アバプヒ)
加えて4口コンロ付きのフルキッチンは使い勝手も良く、長時間のレストランでの食事に疲れた時など、プレートランチを買ってきてお皿に盛りつけたり、電子レンジで温めたり、素足でソファに座ってリラックスして食べる食事は最高だった。コーヒーメーカーやトースターも備えているので、美しいアラモアナビーチとヨットハーバーの景色を望みながら、朝食をベランダで過ごすのも良いだろう。また、アイロンとアイロン台を常備しているので、ちょっとお洒落してディナーに行く際にも便利で、女性には大変嬉しい。

バスルームはシンプルだがアメニティは「ポール・ミッチェル」の“アバプヒ・ワイルド・ジンジャー”を使用。1980年から髪にやさしいナチュラル成分配合のプロダクトをプロデュースしている人気のブランド。ポール・ミッチェルは、ハワイ島で約30年前から太陽の恵みを受けたアバプヒ農園を運営。収穫したアバプヒの根の最も栄養の多い部分から搾りだしたエキスは髪にうるおいを与え、柔らかく扱いやすくさせる。事実、古代よりハワイ原住民は、このショウガ科の植物アバプヒを使って髪を洗っていた。そのため、アバプヒは“シャンプー・ジンジャー”とも呼ばれている。
笑顔が素敵なスタッフとボリューム満点の料理は旅の良い思い出にzoom
笑顔が素敵なスタッフとボリューム満点の料理は旅の良い思い出に
コンドミニアム最上階には、高級イタリア料理レストラン「サレントス(Sarento’s at the Top of the Ilikai)」がある。壮大なパノラマビューと美しい夕日や夜景を眺めながらの食事はハワイ滞在のメインイベントにもなるだろう。コンドミニアム1階には、ベスト朝食賞4年連続受賞した人気レストラン「シナモンズ(Cinnamons)」の2号店があり、ヨットハーバーに面した開放的なテラス席で日本でも有名なパンケーキやエッグベネディクトを提供している。また朝6時から営業しているコーヒーショップ「アロマカフェ(Aloma Cafe)」があるので、早朝にマフィンやサンド、エスプレッソ系コーヒーを買って、ベランダでのんびりと美しい景色を眺める至福の時を過ごしてみてはいかがだろうか。
息をのむ景色とはこのことだろう 朝も夕方も最高のハワイの姿を一望できるzoom
息をのむ景色とはこのことだろう 朝も夕方も最高のハワイの姿を一望できる
1枚の美しい景色の写真に誘われて、ハワイの旅で宿泊したイリカイ・ホテル&ラグジュアリー・スイーツは、コンドミニアムでの滞在の素晴らしさを再認識させてくれた。あえてヨットハーバー側の客室に宿泊した理由はもうひとつ。それはサンセットの景色を堪能するため。特にハワイの秋から冬にかけてのシーズンは、太陽が水平線に沈む姿を、刻一刻と変化する夕景の空のグラデーションと共に、シャンパンを片手にのんびりとベランダでサンセットを楽しみたい。運が良ければ、グリーンフラッシュが見られるかも!?

Ilikai Hotel & Luxury Suites
1777 Ala Moana Boulevard, Honolulu, Hawaii 96815
Phone: 808-949-3811
Email: guestservices@ililaihotel.com
URL: http://www.aquahospitality.jp/hotels/aqua/ilikai/
Editor:リスヴェル編集部
リスヴェル編集部では、各国観光局や旅行関連企業のニュースリリースやプレスルームからの情報を中心に、旅先で見つけたちょっとした面白いモノ、意外と知らないホテルの中の興味深い事、ビジネスで特定の国に行く人の話など、ちょっと変わった切り口で情報を提供して参ります。
タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ