韓国の免税手続き方法

step2免税書類に輸出承認印を押してもらう

出出国の際に韓国税関で以下を提示して、免税書類に輸出承認印を押してもらう必要があります。この手続きは本人でなければできません。

【税関印受領方法】
::::仁川(インチョン)国際空港::::
免税対象商品を手荷物にする場合:
1、出国審査をお済ませの後、免税対象商品を税関にお進みになり、商品をご提示いただき、税関印を受領してください。(C、E、H、Kカウンターそれぞれの近く)
2、税関近くの払い戻しカウンターにて払い戻しを受けていただくか、ご帰国後に日本で払い戻しのお受け取りとなります。(一部制限のある書類もございます。その場合はクレジットカードへのお手続きとなります。)

免税対象商品を機内預けにする場合:
1、チェックインの際に航空会社の係員に税関検査を受けることをお申し出下さい。
2、荷物にタグ(荷札)をつけてもらった後、税関にそのまま荷物をお持ち下さい。(税関はD,Jカウンター)
3、税関係員に免税書類、免税商品、パスポートなど必要書類を提出して税関印を受領後、税関係員は航空会社に荷物を預けてくれます。
4、税関近くの払い戻しカウンターにて払い戻しを受けていただくか、ご帰国後に日本でのお受け取りとなります。(一部制限のある書類もございます。その場合はクレジットカードへのお手続きとなります。)

空港内の払い戻しカウンターで手続きすると、韓国ウォン、日本円、アメリカドルでの現金払い戻しが可能ですが、日本の成田や関西国際空港内の払い戻しカウンターは、日本円のみとなります。(一部制限のある免税書類はクレジットカードか小切手での払い戻しとなります)

::::金浦(キンポ)国際空港::::
免税対象商品を手荷物にする場合:
1、チェックインをお済ませの後、免税対象商品を税関にお進みになり、商品をご提示いただき、税関印を受領してください。(出発階3階)
2、払い戻しカウンターはありません。税関係員が原本回収または税関付近に設置されているグローバルブルー専用ポストへ投函してください。日本の成田や関西国際空港内の払い戻しカウンターへ提出、営業時間外は専用ポストへ投函してください。

免税対象商品を機内預けにする場合:
1、商品をスーツケースに入れてお手続きをする方は、航空会社にてチェックイン後、タグをつけ他スーツケースを持って税関でお手続きをします。税関係員は手続き後に預け荷物を航空会社に渡してくれます。
2、免税書類は税関近くのグローバルブルー専用ボックスへ投函、あるいは日本へお持ち帰りいただきますと、成田や関西国際空港内の払い戻しカウンターで払い戻し手続きを行います。日本で取り扱えない免税書類は、クレジットカードか小切手での払い戻しとなります。

タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ