2018年07月 4日公開
クイーン・カピオラニ・ホテル、ミッドセンチュリーモダンのオリジナルアート披露
このニュースをクリップ
期間:指定なし
[リスヴェル編集部]

エリア:ハワイ  > ハワイ州(米国)  > オアフ島 / ジャンル:ホテル・宿泊施設 , 

現在大規模改修工事が進行中の「クイーン カピオラニ ホテル」。2018年7月に工事を完了する予定だが、リニューアルの一環としてホテルのグランドロビーを飾る新たな壁画が公開された。

Waikiki Fun, Nick Kuchar(ワイキキ ファン、ニック・カッチャー)
オアフ島在住の人気イラストレーター、ニック・カッチャーは、1960年代にルーツを持つホテルの歴史とその精神にインスピレーションを受け『ワイキキ ファン』というタイトルの作品を制作。この作品はサーフィンやダイヤモンドヘッド、すぐ近くのワイキキシェルでのライブミュージックなどをモチーフに、世界的に名の知られたワイキキビーチとその海岸線を走るカラカウア・アベニューを描いたもの。サーフカルチャーをテーマにヴィンテージな色使いと文字デザインを添えた作品はノスタルジックな個性を漂わせている。

Lei Greeter of Ulukou, Mike Field(ウルコウのレイ・グリーター、マイク・フィールド)
ワイキキ生まれのマイク・フィールドは、ハワイならではの温かみにあふれ、時を越えたホスピタリティをテーマにした壁画を制作。ウルコウとは「コウの木立」という意味で、ワイキキのアリイ(ハワイの王族)たちが好んだ場所を指す。涼やかなやさしい風が吹き、セイリングを楽しみ、木陰で休息を取るのに最適な場所。『ウルコウのレイ・グリーター』は、ダイヤモンドを背景に夕暮れ時の海岸を望むウルコウで、レイを手に訪れる人を歓迎する女性の姿が描かれている。

Maka and Pineapple Boy, Katie Borden(マカとパイナップル・ボーイ、ケイティ・ボーデン)
クールなパイナップルのサーファーと忠実な相棒。ヴィンテージなスポーツのポスターにインスピレーションを受け、ケイティ・ボーデンが制作した『マカとパイナップル・ボーイ』は、1960年代の古き良き時代の愉快な雰囲気を今に伝える楽しいサーフィンの壁画。

クイーン カピオラニ ホテル
http://www.queenkapiolani.com/art.htm

【お問い合わせ】

タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ