2018年04月27日公開
ロサンゼルス発羽田行きの便に米著名シェフ監修のメニューを導入
このニュースをクリップ
期間:2018年6月1日から
[デルタ航空]

エリア:アメリカ合衆国(本土)  > カリフォルニア州  > ロサンゼルス / ジャンル:グルメ・スイーツ , 航空会社 , 

デルタ航空は、6月1日より、ロサンゼルス-羽田便のビジネスクラス「デルタ・ワン」の機内食*に、ロサンゼルスを拠点に活躍するシェフ、ジョン・シュック(Jon Shook)とヴィニー・ドトーロ(Vinny Dotolo)監修の新メニューを導入します。*ロス発の片道のみ

夏メニュー(6月~8月)には、マリナラソースで煮込んだミートボール、バーベキューチキン マカロニアンドチーズ添え、フォンティナチーズ、パルメザンチーズ、ラスケラチーズのラザニアなどが含まれます。

ジョン・シュックとヴィニー・ドトーロは、ロサンゼルスで複数の人気レストランのシェフを務め、全米の美食の祭典として知られ食のオスカーとも呼ばれる「ジェームス・ビアード賞」を受賞しています。デルタ航空では、2017年12月1日からロサンゼルス発ニューヨーク(JFK)便とワシントンDC(DCA)行きの便にて、二人のシェフの考案したメニューを提供しており、今夏よりロサンゼルス発の国際線にも導入することになりました。羽田便のほか、ロサンゼルスとパリ、アムステルダム、上海行きの全4路線が対象となります。

著名シェフのメニュー導入は、デルタ航空が進めている顧客エクスペリエンスの向上のための様々な施策の一環です。投資には、最新シートを搭載したエアバスA350型機の日本路線への導入や、「デルタ・ワン」および「デルタ・プレミアムセレクト」へのイタリアンブランド「アレッシイ」の食器やLSTNヘッドフォンの導入、エコノミークラス「メインキャビン」でのスリッパの提供やハーゲンダッツやベン&ジェリーなど人気アイスクリームブランドの導入、ブランケットの刷新などが含まれます。

【お問い合わせ】

【日本での問い合わせ先】

  • 予約・問い合わせ デルタ航空予約センター
  • TEL:0570-077733
タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ