2017年09月11日公開
ドイツの人気観光スポット2017年版TOP100を発表!
このニュースをクリップ
期間:指定なし
[リスヴェル編集部]

エリア:ヨーロッパ  > ドイツ / ジャンル:観光情報・観光局・現地便り , 

ドイツ観光局は、海外60ヵ国以上からドイツを訪れた32,000人以上の旅行者が選んだ人気の観光スポットを集計し、2017年のTOP100を発表した。

1位 ミニチュアワンダーランド
昨年に続き第1位はミニチュアワンダーランド。ドイツ北部のハンブルクに位置し、年間130万人の観光客が訪れるこの施設は、世界中の風景・情景を1/87スケールで再現しているジオラマテーマパークで、世界最大の鉄道模型があることでも有名。2020年完成を目指して建設中であるが、既に完成した部分は一般公開を行っている。

2位 ヨーロッパ・パーク
ドイツ最大のテーマパークのヨーロッパ・パークは、ドイツ周辺諸国の旅行者から圧倒的な人気のテーマパーク。毎年400万人以上が訪れ、4月上旬から翌年1月上旬までの季節限定のテーマパークは、ヨーロッパのさまざまな国を体験することができ、ヨーロッパの国々の名前の付いたエリアが13ヶ所、それ以外のエリアが3ヶ所の合計16ヶ所のエリアがある。

3位 ノイシュヴァンシュタイン城
ドイツ南部のバイエルン州バイエルン・シュヴァーベン地方にある城で、有名な「白鳥の城」と呼ばれる。ノイシュヴァンシュタイン城が持つシンボルとしての力は、理想主義的でロマンチックな建築様式と所有者の悲劇的な人生の組み合わせと相まって世界中を魅了している。ルートヴィヒ2世は自身の帝国の統治権を失ったため、伝説とメルヘンによる世界を創り出した。

4位 ボーデン湖のマイナウ島および僧院の島ライヒェナウ島
バーデン・ヴュルテンベルク州のボーデン湖に浮かぶ僧院の島「ライヒェナウ」は2000年に世界文化遺産に登録。9世紀から11世紀にかけて建てられた3つのロマネスク教会があり、かつてのベネディクト会修道院の重要性を現代に伝えている。ライヒェナウ修道院は724年に設立され、修道院内の聖堂は聖母マリアと聖マルコに捧げられたもの。聖ゲオルク聖堂にはキリストの8つの奇跡を描いたフレスコ画があり、聖ペトロ・聖パウロ修道院の壁画にもフレスコ画が描かれている。修道院の代官所は2階建ての石造りの建物で、2階より上の階は14世紀に半木造建築からなり、南ドイツにおける半木造建築でもっとも古い建物のひとつ。ボーデン湖に浮かぶマイナウ島は「花の島」と称される通り、春から秋にかけて鮮やかな色彩の花々で島は覆われる。

5位 ローテンブルク
ロマンチック街道の宝石として、小さい町ながらよく知られている町ローテンブルク・オプ・デア・タウバー。ローテンブルクほど中世がよく保存されている町はほかにはない。当時の様相を呈する数々の家や広場、町角、塔や噴水、市城門、市城壁、倉庫など、ローテンブルク旧市街を歩けば中世のまま時間が止まってしまったと錯覚するほど。

6位以降、TOP100の詳細はこちらから!
http://www.germany.travel/jp/towns-cities-culture/top-100/germany-travel-attractions.html

【お問い合わせ】

タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ