2017年08月24日公開
トロントやナイアガラで、カヌーを楽しもう!
このニュースをクリップ
期間:指定なし
[カナダ・オンタリオ州観光局]

エリア:カナダ・アラスカ  > カナダ  > ナイアガラフォールズ / ジャンル:アクティビティ・スポーツ , 観光情報・観光局・現地便り , 自然

本年で建国150周年を迎えたカナダの歴史は、カヌー抜きには語れず、古くはビーバーの毛皮交易時代から移動手段として重宝され、その材料には樺の樹皮などが用いられてきました。カナダ東部に位置するオンタリオ州は「水と森の州」とも形容されるように、多くの湖や川が点在し、カヌーはオンタリオの人々にとっても身近な存在です。


カヌーを自然の中で楽しむのはもちろんですが、オンタリオ州では、市街地から距離のあるエリアではなく、街中や観光地でカヌーやカヤックをはじめ、スタンド・アップ・パドルボード(SUP)を楽しむことができます。トロントでは、ダウンタウンすぐそばのハーバーフロントやトロント島で、ナイアガラでは、オンタリオ湖畔のナイアガラ・オン・ザ・レイクでオンタリオ湖およびナイアガラ川河口で楽しめます。通常、アウトフィッターと呼ばれるレンタル・ショップがあり、ライフジャケットなどを含む必要な道具一式のほか、初めてカヌーに触れる方のためにレッスンも提供しています。

 

トロントとキングストンの中間地点にある街、ピーターバラには、世界でも唯一と言われているカヌーがテーマの「カナディアン・カヌー博物館」があり、カナダにおけるカヌー作りの歴史やデザインの時代の移り変わりが、展示を通じてご覧いただけます。博物館内で制作中のカヌー作りの工程を見ることもできます。

 

また、パドリングが欠かせないスポーツに焦点を当てて開催する「リール・パドリング映画祭」にて上映された、カヌーを題材にしたドキュメンタリー映画「ザ・カヌー」は、カヌーの歴史的背景やオンタリオ州の風景が5つのテーマに分かれて描かれており、オンライン上でご覧いただけます。撮影は、オンタリオ州北部のクエティコ州立公園やマダワスカ川の急流、多くの芸術家に愛されたアルゴンキン州立公園、特に、画家であり、カヌーの名手といわれたトム・トムソンについて、トロント・ハーバーフロント、フォート・ウィリアムでの樺の樹皮を使って作る昔ながらのカヌー作りの様子が収められています。

【お問い合わせ】

タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ