2013年12月17日公開
2014年からニューカレドニアの紙幣のデザインが刷新
このニュースをクリップ
期間:2014年1月20日から
[リスヴェル編集部]

エリア:南太平洋  > ニューカレドニア / ジャンル:観光情報・観光局・現地便り , 旅行準備 , 

ニューカレドニア観光局によると、2014年1月20日からニューカレドニアの紙幣パシフィックフラン(略号CFP、またはXPF)のデザインが一新される。カラフルな新デザインには、南太平洋のフランス領であるニューカレドニア、タヒチ、ウァリス、フツナなどの島々のシンボルが描かれている。パシフィックフランは、南太平洋地域のフランス領で使用されている通貨で、ニューカレドニアのほか、タヒチ、フツナ、ウァリスなどで使用されている。ちなみに硬貨のデザイン変更なない。

新紙幣の流通は2014年1月20日から開始される。2014年9月30日までは新紙幣の移行期間として新旧両方の紙幣が流通することとなるが、2014年10月1日からは旧紙幣が使用できなくなるので注意が必要だ。日本国内の一部の銀行や両替所でもパシフィックフランを取り扱っており、旅行前に日本円からパシフィックフランへの両替だけでなく、帰国後に(紙幣であれば)パシフィックフランから日本円への再両替も可能な銀行や両替所もある。

ニューカレドニア観光局公式ブログで新紙幣のデザインを見る!
http://newcaledonia.jp/blog/?p=2322

【お問い合わせ】

タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
魅力新発見!ちょっと贅沢に大人のグアム・ステイ
龍が宿るパワースポット 新しい息吹と共に伝統を継承する圓山大飯店
自然が舞台のワンダーランドパラオ
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook