旅の扉

  • 【連載コラム】イッツ・ア・スモール・ワールド/行ってみたいなヨソの国
  • 2018年1月30日更新
夢想の旅人=マックロマンスが想い募らず、知らない国、まだ見ぬ土地。
プースカフェオーナー/DJ:マックロマンス

カップとソーサー

パリはマレ地区だったと思います。蜂蜜の専門店がありました。十坪ばかりの小さな店で、カーリーヘアで褐色の肌をした若い女性がひとりで店番をしていました。ドアを開けた時、彼女は頭の中に流れている音楽に陶酔していて、手でエアベースを弾きながら座ったまま踊っている最中でした。あまりに気持ちよさそうで、声をかけるのも躊躇しましたが、こちらとて蜂蜜の知識があるわけもなく、彼女の知恵を借りる必要がありました。彼女は心良く、妻のために2種類の蜂蜜を選んでくれました。

その後に入ったカフェも小さな店でした。コーヒーを注文するとカップがオレンジ色でソーサーがブルーでした。ふと店の奥を見ると一目でゲイとわかるカップルが並んで席を取り仲良く食事をしているところでした。ひとりがブルーのセーターを着て、もうひとりがオレンジ色のセーターを着ていました。「やあ、君らと同じだよ。」と僕は手元のコーヒーを指差して言いました。「君はカップ。」「そして君がソーサー。」ふたりはとても素敵な笑顔をよこし、英語で「サンキュー」と言いました。

次は楽器屋でした。何百年も前の古い楽器だけを扱うお店です。やはり小さなお店で、ありとあらゆるタイプの楽器が店内を埋めつくしていました。店守は白髪でヒゲを生やしたおじいさんです。娘が楽団でチューバを吹いていると言ったら、奥の方から古いユーフォニウムを出してきて音を鳴らしてくれました。ズババ!詰まっていた栓が抜けたような、何とも言えぬ不思議な音でした。

エッフェル塔に上る前に冷たい雨が降りました。3月のパリは寒く、風も吹いていて上るのをよそうかと思ったのですが、我慢して上まで行ったら虹が出ました。神さまは粋なプレゼントを思いつくものです。
帰国してすぐ、近所の商店街に小さな物件が空いているの見つけ、そのまま不動産屋に行って賃貸契約を結びました。何をやるかは決めてなかったけど、蜂蜜屋をやるのにも、カフェをやるのにも、楽器屋をやるのにもちょうどよい大きさの物件でした。

その店は3年しか続けることができなかったけれど、たくさんの素敵な物語がそこで生まれました。

その時のことをまたこうやってどこかで話すかも知れません。そのまま心の中にしまっておいて、時々思い出してひとりで楽しむかも知れません。

何が言いたいかって別に何も。ぼんやりと昔のこと、思い出したことをただ書きました。

旅っていいなあ。
プースカフェオーナー/DJ:マックロマンス
マックロマンス:プースカフェ自由が丘(東京目黒区)オーナー。1965年東京生まれ。19歳で単身ロンドンに渡りプロミュージシャンとして活動。帰国後バーテンダーに転身し「酒と酒場と音楽」を軸に幅広いフィールドで多様なワークに携わる。現在はバービジネスの一線から退き、DJとして活動するほか、東京近郊で農園作りに着手するなど変幻自在に生活を謳歌している。近況はマックロマンスオフィシャルサイトで。
マックロマンスオフィシャルサイト http://macromance.com
タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ