旅の扉

  • 【連載コラム】ナンバーワンよりオンリーワン
  • 2017年12月21日更新
旅の道中、「愛すべき変なもの」を見つけたら、書かずにはいられない!
トラベルジャーナリスト:松田 朝子

地域と旅人を繋ぐホテル、モクシーが日本にやって来た!

モクシー大阪のエントランス。一見、ホテルに見えないのがモクシー流。zoom
モクシー大阪のエントランス。一見、ホテルに見えないのがモクシー流。
旅先、または外出先でありがたいのは、長居ができて、飲食もできて、ネット環境もよく、電源のあるカフェかラウンジ。さらに広いデスクや座り心地いいソファーがあれば最高ですね。そんな現代人のニーズにマッチしたホテルが、欧米から東京・錦糸町と大阪・本町に同時上陸しました。
ふらっと立ち寄ってみたくなる、モクシー東京のロビーフロアzoom
ふらっと立ち寄ってみたくなる、モクシー東京のロビーフロア
元気という意味を持つ「moxie」という言葉が名前の由来というホテル、「moxy(モクシー)」は、2014年にイタリア・ミラノからスタートしたマリオット・インターナショナルの新しいホテルブランド。モクシーは、
・楽しいことを求められる、好奇心の強い人たち
・個々の自由を尊重しながら、色々な人と繋がりたいと思っている人たち
というターゲットに向けた、遊び心満載のデザイナーズホテルなのです。
海外には20軒以上あるモクシーホテル。インバウンドの人はバーでのチェックインも手慣れたもの。zoom
海外には20軒以上あるモクシーホテル。インバウンドの人はバーでのチェックインも手慣れたもの。
古いルールは変える、時代に合わせたホスピタリティを尊重するというモクシー・ホテル、共通することは、フロントデスクがないこと。なので、チェックインはロビーの中ほどにあるバーカウンターで行います。

そこでカードキーと、ウェルカムドリンクの「モクシー・ハイ」を渡されたら、そのままバーカウンターに居続けてもOK。ゲームやアートを楽しめるロビーフロアは交流スペース。宿泊客以外でも24時間利用できます。なので世界各地のモクシーは、地元の人たちの行きつけの場所だったり、コワーキングスペースにもなっているそう。
SNSにはどんどん発信しよう!ハッシュタグはあちこちにあります。モクシー大阪にて。zoom
SNSにはどんどん発信しよう!ハッシュタグはあちこちにあります。モクシー大阪にて。
また、デリもあるので、ドリンクのみならず軽食も24時間オーダー可能。ロビーフロアには、随所にグラフィティアートや、レトロなファッション雑誌、懐かしいレコードなども展示されているので、ギャラリー感覚で楽しむこともできます。ビジュアル重視の空間は、SNSの投稿にもピッタリ。#AtTheMoxyのハッシュタグをつけてインスタグラムに投稿すると、アップした画像がロビーにあるモニターにも映し出されます
家具はたたんで壁掛けに。省スペースで広々使える客室。zoom
家具はたたんで壁掛けに。省スペースで広々使える客室。
モクシーはオフィスビルを改装して造られていて、客室は東京では205室、大阪は155室。セルフサービスがベストサービスということで、テーブルと椅子は折りたたみ式。ハンガーとともに部屋の壁にかかっています。それでも必要なもののクオリティにはこだわっていて、42インチの高品質テレビ、シモンズ社製のベッドや効果音付きのウォシュレット、水圧の高いシャワーはハンドタイプとレインシャワーの2種類があります。
アイロンは部屋にはなく、その代わりイケメンお兄さんが待っているアイロンルームが各フロアにあります。ここはアイロンをかけるより、SNS投稿される方が多いのだそう。またジムやコインランドリーもあり、部屋のカードキーで使えます。
レトロなゲームは、ゲストとビジターの交流にも!zoom
レトロなゲームは、ゲストとビジターの交流にも!
まだオープンして間もないモクシーですが、東京も大阪もインバウンドの人たちが多く、みんな慣れた雰囲気で利用しています。バーやラウンジに行けば、そんな人たちと話すこともあるでしょう。旅する人と、ローカルの人が一緒に楽しむことができるモクシーは、いわばラグジュアリーなゲストハウス。ここでは従来にないホテルステイを楽しめるでしょう。

写真・飯島雄二

モクシー東京錦糸町
http://www.marriott.co.jp/hotels/travel/tyoox-moxy-tokyo-kinshicho/

モクシー大阪本町
http://www.marriott.co.jp/hotels/travel/osaox-moxy-osaka-honmachi/

トラベルジャーナリスト:松田 朝子
頭の中は、旅と猫とアルゼンチンタンゴで占められているトラベルジャーナリスト。日本旅行作家協会所属。大好きな地層と砂漠と赤い岩山のあるアメリカに良く出没。

facebook:https://www.facebook.com/tomoko.matsuda.908
Blog: Tomoko's travel:http://tomochan59.hatenablog.com/
タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ