旅の扉

  • 【連載コラム】旅は続くよ、いつまでも
  • 2017年9月26日更新
Travel goes on
トラベルライター:渡辺裕希子

美しい珊瑚の海をひとりじめ! 穴場のリゾート 奄美大島5日間の旅 Vol.1

zoom
 キレイな海を眺めながらのんびり過ごしたり、ときにはシュノーケリングを楽しんだり。そんな旅がしたい時に、ぴったりのディスティネーションはどこだろう。ハワイ? それとも沖縄? どちらも大好きなのですが、今回選んだのは奄美大島。2014年にバニラエアの直行便が就航して以来、注目度が急上昇している鹿児島県の離島です。

 奄美大島を訪れたのは3回目。前回は6年前に2泊3日、その前は母のお腹〜生後2カ月までを過ごしました。さすがに赤子時代の記臆はありませんが、6年前の旅では天気に恵まれなかったにもかかわらず、どこまでも透き通った海や濃密なマングローブの森に感動した思い出があります。

 今回は、奄美大島からさらに南にある離島・加計呂麻島での1泊も加えた4泊5日のゆったりプラン。南の島らしい青空に期待しつつ、機上の人となりました。

宿泊した「奄美ばしゃ山村」前のビーチ。空港から車で10分ほど。リゾート老舗のホテルzoom
宿泊した「奄美ばしゃ山村」前のビーチ。空港から車で10分ほど。リゾート老舗のホテル
夕暮れ時の静かな海で、浄化される

 飛行機の到着が1時間半遅れるというトラブルがあり、ホテルに到着したのは午後6時ごろ。「早くしないと陽が沈む!」と焦っていたのですが、この景色を前に息を呑みました。神秘的な夕暮れの海に吸い寄せられるように、一歩ずつ海の中へ。腰の高さほどまで進むと、見えるのは橙色の空に煌めく水平線、聞こえるのは穏やかな波の音だけ。さっきまで時間を気にしていた自分は消え去り、心も身体も浄化されていくようです。

 奄美に、戻ってきたんだ。

 陽がすっかり沈んだ後は、誰もいないプールへ。
上弦の月を見上げながら、素晴らしい旅の予感に包まれていました。
「奄美ばしゃ山村」にあるレストランAMAネシアの鶏飯zoom
「奄美ばしゃ山村」にあるレストランAMAネシアの鶏飯
名物の「鶏飯」

 奄美の名物といえば、鶏飯。白いご飯に鶏肉・錦糸卵・椎茸・パパイヤの漬物・刻み海苔・ねぎ・タンカンの皮などを載せ、丸鷄からとったスープをかけて食べる、お茶漬けのような郷土料理です。
 奄美大島での一食目は、この鶏飯と決めていました。宿泊した「奄美ばしゃ山村」には、鶏飯が美味しいレストランが併設されているのです。後で知ったのですが、私がお腹にいる時に、両親もここの鶏飯を食べに来たそう。40年も前から地元では評判の店だったんですね。
 濃厚なのにさっぱりとしたスープは、じんわりと身体に染み渡る優しい味わい。黒糖焼酎も頂き、至福の夕食となりました。
テラス席があり、朝食やランチタイムには絶景が楽しめるzoom
テラス席があり、朝食やランチタイムには絶景が楽しめる
 翌朝、目覚めると待っていたのは澄んだ青空と海!足がつくほどの浅い場所でも、小さな魚が気持ちよさそうに泳いでいます。まだまだ遊びたい気持ちを抑えて、お昼前に出発。日本で二番目の規模を誇るマングローブの森、そして加計呂麻島へと向かいます。

奄美ばしゃ山村
〒894-0508 鹿児島県奄美市笠利町用安1246-1
0997-63-1178(9:00~18:00)
http://basyayama-mura.com
トラベルライター:渡辺裕希子
学生時代に初めてのひとり旅をしたモロッコで、「どこに行くのも、何をするのも、すべては自分次第」な旅の魅力に目覚める。ライターとして独立→結婚→出産と人生のステージが移り変っても、人生の中心は常に旅。トラベルライターとして「JAL CARD NEWS」の旅コラムを連載しているほか、2011~2016年の「旅行完全ガイド(晋遊舎)」で旅行記やお得技などを担当している。他にもマイルを使った旅や親子旅などのトピックスを各媒体で執筆中。
タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ